ヴォルフロッシュ

Blog

独自エンジンで動いてるいわゆるブログ

RSS

『Jesus Christ Superstar』2012 Arena Tour 私家版字幕

→ amazon:Blu-ray『Jesus Christ Superstar』Live Arena Tour

ミュージカル(特に舞台)がわりと好きなのですが、最近『Jesus Christ Superstar』にハマってました。このミュージカル自体は以前映画版を見てて前から知ってたのですが、今年 André Bauer というミュージカル俳優に熱を入れていて、その André の CD 化してる演目のひとつに『Jesus Christ Superstar』(以下、JCS と記す)があったので音源を iTS で買って改めて聴いてたら、「なかなかいいなぁ」と他のプロダクションのやつもいろいろあさり直してたのです。

 CD『Jesus Christ Superstar (Rockoper)』Vereinigten Bühnen Wien
ウィーン版 JCS

で、いろいろ見比べて、映像になってるやつだと 2012 年のアリーナツアー版という映像作品にもなってる舞台のやつが一番良いと思ったのですが、このパッケージ版の日本語字幕がひどい。どうひどいかというと、劇団四季版の日本語歌詞をそのまま字幕として当ててるのです。

翻訳ミュージカルの歌詞というものは、普通の訳と違って既存のメロディに乗せて歌えないと意味がないので、語調を合わせるために内容をかなり端折ってたり、歌っぽくするために読むにはわかりづらい倒置法や省略が使われてたり、その少ない1曲間でストーリーを伝えるために原詞とは違う箇所で該当の下りを言っていたりします。特に JCS は全編歌でセリフがないので、歌内ですべてを伝えないといけない。それ以外にも商業翻訳は文化背景の違う我々に内容を伝えるために固有名詞やディテールを抜いてたりするので、好きな人には物足りない。

と、とにかく舞台は最高なのに字幕がもったいなすぎた。自分でミュージカル楽しむ分には字幕なしで見ればいいんだけど、他人に布教しづらいなぁとか、字幕への恨みが募りすぎた結果、なぜか自分で字幕訳を作る謎の行動に出てしまったのでした。

「言うのは 辛いけど / あなたを救い主と」
四季版字幕

で、私家訳である。「まぁ内容よくわかってるし、歌だし」と思って取り掛かったら思ったよりも時間がかかった。そう甘くはないわな。でもせっかく完成?最後までこぎつけたのでもったいなく思えてきて公開に至りました。開発者らしく字幕データも GitHub で公開です。PR とかも出せるし。一応 SubRep (.srt) 形式という一般的なプレーンテキストベースの字幕データ形式なので、字幕として利用しやすいと思います。パソコンで Blu-ray/DVD 等見られる環境なら大体読み込めるでしょう1

訳詞としては Creative Commons ライセンスにしてますが、そもそも2次制作的なアレなので皆さん良心的なアレでアレしてください。

せっかく Git なので (?) 公開後もたまにちまちま修正してます。

前置きは置いといて、訳作ってると訳注的なの入れたくなってくるものなので、久しぶりにこのブログの筆をとった次第です。

read more

try! macOS meet-up

try! macOS meet-up会場
try! macOS meet-up 2018 会場

ブログを書けという圧を感じるのでブログを書きます。

先日、3月の1-3日にかけてtry! Swift Tokyoというカンファレンスに行ってきました。このイベントは東京で毎年この時期に行われているSwift言語のカンファレンスで、今回で3回目になります。私は1回目からなんとなく毎回行っており1回目の記事1、私の中で毎年の恒例のイベントになってきました。私はこれ以外IT系のイベントには参加しないので、年に一度の楽しいお祭りのような感じ。というかこれ以外はiOS色が強すぎて私の出る幕がないからもあるのですが。

ということで、「今年もtry! Swiftに行ってきた」という話でも良いのですが、今回はこのtry! Swiftの前夜祭的なイベントを非公式で主宰したので、それを書こうと思います。

read more