Tag: ヲノサトル

ヲノサトルタグの付いた記事

RSS

DRIVE TO 2010 -サエキけんぞう, 明和電機

DRIVE TO 2010

今日は「少年少女工場」(data)。出演は、

です。明和電機とサエキけんぞうがお目当て。サエキけんぞうは初、明和電機はライブ見るのかれこれ5回目かな。

read more

DRIVE TO 2010 -参戦予定

DRIVE TO 2010

DRIVE TO 2010というライブイベントが10月にあります。新旧ニューウェーブ界隈のライヴを新宿ロフトで日替わり1ヶ月ぶっ続けでやるというものです。10年に1回くらいという酷いスパンでやってるみたいで、1979年, 1999年に続いて今回で3回目?というJapanese New Wave内ではかなりの大イベント。

いやー、これは私にとって、とても、ものすごく魅力的なイベントです。なにより出演者がヤバい。新の方はまぁ興味ない人がほとんどなんだけど、旧の方が。出演者リスト見ながらあれも見たいコレも見たいとわたわたしてたら、気づいたら結局結構な日数行くことに。突如として10月はライヴの嵐に。東京に住んでて良かった。

で、以下現時点でチケット購入済のライヴ。強調してあるバンドがお目当てのバンドです。

現時点での参戦予定ライヴ
日付タイトル出演者感想
10/9(金) 鈴木慶一プロデュース・ナイト ムーンライダーズ, 栗コーダーカルテット, 寒空はだか report
10/14(水) 手塚眞プレゼンツ FILMS, dip in the pool, トンチ report
10/16(金) LOFT PACK by DT2010 ヒカシュー, Demi Semi Quaver, FLOPPY report
10/17(土) ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー ケラ&シンセサイザーズ, KERA SOLO UNIT, ヴァージンVS, 緒川たまき, 楽団健康 report
10/21(水) 少年少女工場 ロマンポルシェ。, 明和電機, サエキけんぞう&ブギー・ザ・マッハ・モーターズ report
10/28(水) 平沢進プレゼンツ 4-D mode1, シャンプー, PEVO, 中野テルヲ report

最初はチケット5枚とってあって9日は買ってなかったんだけど、ムーンライダーズ本家が出るのが決まったんで慌てて追加購入。多分この6日間で確定です。他にも気になる日あるけどそんな毎日行くわけにもいかんので。でも毎日行ったらすごい勉強になりそうだなぁ。

一番の目玉は中野テルヲ。中野テルヲ。私の最も愛するミュージシャン中野テルヲ。もうね、正直今後一生ライヴとかやんないんじゃないかと思ってた。晴天の霹靂。生で中野テルヲの演奏を見られる日が来るとは! 10月28日の平沢プレゼンツは注で "平沢本人は出演しません" みたいのがずっと書いてあるんだけど、いや平沢さんどーでもいいよ、正直逆に出ないでくれてありがたいくらい(平沢さん出ると平沢ファンだらけで大変なことになりそうだから)。この中野テルヲを出演させただけでもDRIVE TO 2010は価値がある。というよりテルヲがライヴやるってんでこのイベントの存在を知った。しかも私の見に行くヤツの中では最終日なのがまた心憎いよねー。

次点で楽しみなのは10月16日のヒカシューとFLOPPYです。ヒカシューのライヴとかなにげにこれでもう5回目、ただのヒカシューファンです。この日は長らくの間ヒカシューしか出演が決まってなくて、ピンでやるのかと思ってたんだけど最近になってFLOPPYが追加。まさかの。ヒカシューだけの時点でチケットは買ってあったんだけど、まさかFLOPPYがくるとは。一石二鳥。FLOPPYもかなり好き。今年の1月にワンマン行ったんでFLOPPYのライヴは2回目。2組とも(特にヒカシュー)ステージが期待できることは分かってるんで、これはもう純粋に楽しみ。つかヒカシューのステージやばい。

FILMSは実は特別とても好きなわけではないはずなので、自分でもなんでチケット取ったか若干不思議なのだが、まぁ、コレも何かの機会だ。コレのがしたらそれこそ一生機会なさそうだし。レア度は高い。『MISPRINT』の曲やんのかなぁ。

ケラの日はもう売り切れらしい。ケラが人気なのか? チケ取っといて良かった。私としてはヴァージンVSが見られれば満足。サエキけんぞうの日もサエキと明和両方出るみたいなんで楽しそうかな、と思い参戦する事に。

こんな感じでヒカシュー, FLOPPY, 明和電機以外はみんな見るの初の人たちばかりです。楽しみ。

今回なにげにすごいのはこの6日間全ての日が無事行けそうなことです、スケジュール的な意味で。これはとてもありがたい。ほとんど平日なのに。奇蹟かもしれない。テルヲの日行けなかったりしたら泣いてるから、ホント。

3週間でライブ6回も行くとかどーなのとか言わないで。いいじゃない10年に1度なんだから。

read more

落描き

0108_wono.png

ふとものすごく久しぶりに絵を描いてみた。

ので、載っけてみたんだけど……。

やばい、はずかしい。はずかしすぎる。今すぐ消したい。どうしよう。なんだろう、この羞恥心は。久しぶりに載っけたからか? そもそも最近の私の知り合いは私が描いた絵なんか見たことないと思う。

えっと、何も見ないで描いたんでアレなんですけど、ヲノ氏です。記憶の中の。裏紙に鉛筆描き。いわゆるマンガ絵で。色はMacに取り込んでから付けました。

本当はメガネ付きで描いてたんだけど、どうも合わないんで削除。

正直、描く人は誰でも良かったんだ。

本当ならこういうのってillustration行きにすべきなんだろうけど。

羞恥プレイ。

Black Velvets 定例ライヴ @トラウマリス -3

Black Velvets@トラウマリス。めずらしく人を連れて行ってみた。私が「ヲノサトル、ヲノサトル」としょっちゅう言ってたら(という程しょっちゅうは言ってないつもりなんだけど)、興味を持ったらしい。

今回複数人で行ったって事もあって、奥の席に座ったんだけど、奥にいるとステージ前と全く音がちがうのね。それこそBlack Velvetsの2ndアルバムの様な音になる。となりで鳴ってる感。これはこれで良いんだけど、なんかとなりで楽しそうなのは悔しい。

ライブ自体はもう特に書くことがない、安定したいつも通りのハイテンション。なんだかんだで数ヶ月に1回行ってるからなぁ。

と、トラウマリスが来年の2月でクローズするらしい。あらら。

CD『ブラックベルベッツの宇宙』/Black Velvets -2

→ amazon:CD『ブラックベルベッツの宇宙 -IN THE SPACE』/ブラックベルベッツ

ちょ、"ポチーチ"って音楽のジャンルかよ orz.

待ちに待ったブラックベルベッツの新譜が出ました。ヲノサトルがいつまでたっても新しいソロアルバムを出してくれないので、ブラックベルベッツの新譜がひときわありがたく思えます。

このアルバム、ミキシング(?)にかなり凝ったらしく、そのおかげで凝った音は出ているのですが、なんかしまりがなさすぎる。もわ〜っとした感じが。いや狙ってるんだろうけど。そういうコンセプトで聞くんならこれはこれでアリなんだけど、1stアルバムと混ぜて(shuffleして)聞いたりすると差が……。眠いよ。もう少しシンプルなのが良かった。シャッフルするなって? 悪かったね、現代っ子なんだよ。

曲目は、ほとんどライヴで既に聞いたことのあるヤツだったので正直あまり言うことはない。が、ライヴで聞き慣れているからこそライヴとスタジオ録音のテンションの差が。やっぱブラックベルベッツはライヴがいーねぇ、なんて。もわーっとした音だから逆にスタジオ録音だって割り切れないのかも。「コパカバーナ」が眠い。あのハイテンションはどうした。オルガンのテンションの上がり方が足りない気がする。視覚を伴ってないからそう感じるだけだろうか?

気に入ってるのは、「ビギン・ザ・ビギン」。ライヴでも散々聞いたけど、いいね。「ルビーの指輪」はあいかわらずカッコいいし。あ、「コパカバーナ」も好きですよ。つか全部いいよなぁ。まとまりのない意見だ。

今回、アートディレクションは何故かヲノサトル。発売前にジャケをwebで見て、正直ジャケットがイマイチだなぁと思っていたのだが、いやいやそれ以外はなかなか。裏とか古めかしくてかなり好き。帯も良い。背もさりげなく1stアルバムとデザイン揃えてあるし(こういうのが大事なんです)

裏面の楽曲解説は地味にいい味を出してる。いかにもな文体だし適度にふざけて、かつ素直に参考になる。

それだけにジャケが。いや、悪いとは思わないけど……。なにがイカンのだろう。"IN THE SPACE"のフォントかなぁやっぱり。あの写真の上にこのウエイトで真っ白なのも暴力的すぎる気がするし。

なんか文句ばっかり言ってる気がしますが、気になった点を述べてるだけで、全体としてはもちろん気に入ってます。現在ヘビーローテです。

iTunesに取り込もうとしたら意外とCDDBにまだデータがなかったので送っておいた。

Black Velvets 定例ライヴ @トラウマリス -2

六本木トラウマリスの定期ライヴに行ってきた。

トモさんのテンションがおかしい。いや、いつもテンションの高い方だが、今日はまた一段と。叫びまくり。歌いまくり。

対してヲノ氏はお風邪を召していたらしく、一段と大人しかった。ミスも風邪のせいにしてた。おだいじに。何の曲か忘れたけど、曲の入りをヲノ氏が勝手に変えて弾いてたらメンバーに笑われ(?)て普通に戻してたのがかわいかった。

→ amazon:CD『ブラックベルベッツの宇宙 -IN THE SPACE』/ブラックベルベッツ
2nd Album

ほんのり新譜が手に入ると信じて行ったのですが、まだみたいでした。お店の人には渡してた。いーなぁ。23日までおあづけ。うう。

CD『ブラックベルベッツの宇宙』/Black Velvets

気付いたらブラックベルベッツのNewアルバムの情報がネット上に続々と出ている。いつのまに。

webページによって多少の違いがあるが、収録曲は概ねこんな感じらしいHMVより)

  1. コパカバーナ
  2. ビギン・ザ・ビギン
  3. バチュカーダ
  4. アマポーラ|ラ・クンパルシータ
  5. テイク・ファイブ
  6. 踊り明かそう
  7. ルビーの指環
  8. おもちゃのチャチャチャ
  9. ムーン・リバー
  10. 別れても好きな人|ジェームス・ボンドのテーマ|ピーターガン
  11. ロシアより愛をこめて
  12. 銀河鉄道999
  13. 蛍の光|ほたるこい|白鳥の湖|一週間
  14. マック・ザ・ナイフ

なんか、歌謡曲系というか狙ってる系が増えてません? 「ルビーの指輪」に「銀河鉄道999」に……。いや、「ルビーの指輪」のアレンジはカッコ良いからかなり好きなんだけど。前作は「与作」だけだったのにね。

「コパカバーナ」は入ってるらしいのでひとまずは無問題。他の選曲もなかなか。うん、いい。「蛍の光」に「ライディーン」が入っていないのが気になる。入れて欲しかった。「魔法使いサリー」も。独立した曲で「ラムのラブソング」とかも入れて欲しかった気もするけど、まぁいいや。アニメタルじゃないんだから。

5月10日のトラウマリスLiveで先行発売されると信じているのですが、いかがなものでしょう。

ちなみに、正式発売は5月23日です。多分iTSにも並びます。よろしく(?)

Black Velvets 定例ライヴ @トラウマリス

→ amazon:CD『ブラック・ベルベッツの世界』/Black Velvets
『ブラック・ベルベッツ
の世界』

Black Velvetsの定例ライヴ(最近はもうタイトル付けないのか?)を聞きにふらふらと六本木に行く。

その前に表参道で髪を切りに行ったついでに色入れ直したりしてもらってたら時間がかかって、聞けたのは1部の途中から。

地味に久しぶりの生ヲノサトルだった。確か最後が去年の9月だったから半年ぶりぐらいじゃないか? 前のもトラウマリスのBlack Velvets。あぁ、素敵だヲノさん。

久しぶりのせいか2ndアルバム制作のせいか、新曲(人の曲だけど)が多かった。「銀河鉄道999」とか「I Could Have Danced All Night」とか。山下達郎もあったなぁ。「Moon River」も新曲? 初めて聞いた気がする。カッコ良かったなぁ。「蛍の光」のSax. vs Key.バトルも聞いたことないの(いや、元曲は知ってるが)が多かったし。Sax. vs Key.のそれぞれの崩し方はとても好き。そういえばヲノ氏が首を傾げながら弾いていたが、あんまり意図した感じにいかなかったのか?

というかなんというか、今回は全体的に普段より更に良かった。なんかとても満足度が高い。初めて聞く曲が多かったし、MCも面白かったし、トモさんは相変わらずステキだし、ゲストのタンバリンの人も良かったし。そもそもメンバーのテンションがいつもより高かった気がする。やたら歌ったり外しにいったり。いや、こんなもんだったっけ?

と、ヲノさんが普段より沢山しゃべってた気がする。ヲノ氏の声も好き。まずいなぁ、ホント色々ツボだなぁ、この人。Black Velvetsでのヲノ氏はあまりしゃべらないが、こそこそと照明を弄ったりマイク(今回マイクがあった)を弄ったりして小ネタを蒔くのは欠かしていない。

せっかく久しぶりに行ったから色々書こうと思っていたのに、いざMacを前にすると思い出せない。あーなんだっけ、途中からやたらサンバになったヤツがすごいカッコ良かった。サンバステキ。

あ、そうそう、新譜は5月発売らしいが、トラウマリスで先行発売するらしい。こ、これは行かねば……。

なんかホストクラブみたいなBlack Velvetsカードが新しくあったのでいただいてきた。2枚で100円。なんだこれ。

明和電機ライブ2007 "六本木メカトロニカ" -2

ちょwww、オルガンねぇwwwwww

ヲノさんはいませんでした orz.

いやね、まぁ、確かにいたらラッキーくらいには考えてましたけど。でもほら、ねぇ、期待したいじゃない。オルガン側に席とろうなんて開場入ったらそもそもオルガンがなかったという……。まぁ、キャパも240人だもんな。最近海外公演はずっとヲノさんいなかったみたいだし。

まぁいいやヲノさんは置いておこう。いなかった人のことを話してもしょうがない。

明和電機 六本木メカトロニカ、行ってきました。昼と夜の2回公演だったのですが、夜の方に行きました。席は真ん中の島ではなく、前から5列目程度の通路となり。結構良い席をキープできました。通路横は見通しが良いので好きです。片隣にしか他人がいないから、パーソナル・スペース的にも余裕が持てるし。

内容は、基本的にはメカトロニカを踏襲しつつ、メディア芸術祭向けにアレンジ、といった感じ。目立った違いは、ヲノさんがいなかったのと(しつこい)ビットマンがいたのと。

楽器は、ゲームボタンで作ったギターとベースが新しいかな? どっかでモノは見たけど、ライブで演奏してるのを見たのは初めてな気がする。ベースは演奏してる姿カッコイイけど、ギターはどうだろうね。というか、ボタンがカッコ悪い。白(というか透明というか)とかにすれば良かったのに。

前回のメカトロニカではなかったのでは、Yesの「Owner of Lonely Heart」を似非英語(?)でやってたのが面白かった。しかも音が結構ちゃんとロックだった。そのゲームボタンで操作するギターとベースなんだけど。メロディーラインはともかく、楽器は割とドカドカした曲だから明和に合ってるのかもね。明和のカバーと言えば歌謡曲かテクノばっかりだと思ってた。あとはラテンとか。

サバオ。サバオカワイイ。毎度のことだけど、よくあんなカワイイ声出せるなぁ。社長とサバオのトークはすごい好き。楽しそう。社長のサバオへの愛がひしひしと伝わってくる。

開場でも笑いが起きてたけど、照明が暗転したときのデカサバオの顔が怖い。目だけ光ってる。しかも、一度は顔に下からだけ照明が当たってて一段と恐くなってた。それを客席に指摘されて落ち込むデカサバオ。

あ、そうだそうだ、書き忘れそうになった。途中、楽器は全部自動演奏で「君はエプロン 僕はパンタロン」っていう明和の曲を社長がハンドマイクで歌ったんだけど、その途中社長が客席に曲に合わせて手を振ることを要求して、客席が手を振ってる様を見て「アルフィーみたいですね」って言ってた。ここでその単語を聞くとは思わなかった。

その「君はエプロン 僕はパンタロン」はしみったれたフォーク調の曲なんだけど、ALFEEのフォーク時代を踏まえて言ってるのかなぁ? たぶんそのマスゲームチックさを言ってるんだろうけど。もしくはそのポップな感じか。でもALFEEの曲で客席が手を振る曲はないぞ。ん、ないよな? うん、ないな。甘いな、社長。

明和電機、ステージを見ると面白いんだよなぁ。しかも誰か連れてきたくなる感じ。今回ももっと真面目に誰か誘えば良かった。

明和電機ライブ2007 "六本木メカトロニカ"

今年の文化庁メディア芸術祭は六本木の国立新美術館でやるらしい。国立新美術館、できたら行こうと思っていたのでちょうど良い。グッドタイミング。

名称
文化庁メディア芸術祭10周年企画展『日本の表現力』
会期
2007年1月21日(日) - 2月4日(日)
料金
入場無料
会場
国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
展示
日本のメディア芸術1950-2006 / 表現の源流 / 未来への可能性

というより、いやこれ(メディア芸術祭)も大事なんだけど、明和電機がライヴをやるらしい。最近は新譜の発売もないし、大きいイベントもなかったので明和はご無沙汰。しかもどっちにしろ毎年行ってる文化庁メディア芸術祭でやるなんて願ったり叶ったりじゃないか。

タイトルが引き続き「メカトロニカ」なあたりからすると、前回のメカトロニカライヴからあまり変化がないのだろうが、久々だしやっぱり見たいなぁ。

ひとまず慌てて1枚買う。全自由席だ。そして定員240名って。チケ代も安いし(文化庁だから?)。さりげなく条件良いかもしれない。

つか、チケット発売25日からで、明和のサイトからメールが来たのが今日なんだけど、なにこれ。普通発売前に送らないか?

生経理のヲノさんだ。久しぶりだなぁ(ヲノさん来ると信じてるのですが)。なにげに2004年のランチタイム・コンサート以来。1月25日のBlackVelvetsのライヴも行くつもりなので、年明け早々ヲノラッシュだなぁ。