Tag: GX100

GX100タグの付いた記事

RSS

SONY GPSユニット GPS-CS1K

→ amazon:SONY GPSユニット GPS-CS1K

GPS-CS1Kを注文した。

えっと、こいつはGPS端末の一種で、写真撮るときにこれを一緒に持っていって座標のログを取っておくと、コンピュータにデータを落としたときに写真のメタデータとして撮影位置を埋め込める、という代物。

前から気になってたんだけど、春また旅行に行くのでそのときにやっぱりあったら便利かな、とか思って注文しちゃった。21%OFFだったし。データで使おうとか思うと、その写真を撮った通り名とかまで知りたいもんなのよ。そうでなくてもやっぱり場所は特定したい。風景メインなんで、何処で撮ったかは大事。

→ amazon:RICOH Caplio GX100 VF KIT
RICOH GX100

Macは対応してないって書いてあったから横目で見てるだけだったんだけど、改めて調べ直したらどんぴしゃなページが! まさに私の環境。で、使えてるみたいなので、大丈夫そう。

見た目も好き。カッコいい。白黒。こういうデザイン好きです。私のメイン使いのバッグにも合いそうだし。

バッテリーは乾電池だそう。eneloopで大丈夫らしい。単三1本。9時間とか10時間とか持つみたいなんで、ギリギリ1日行けるかな? 10時から活動を開始したとすると8時まで。うん、なかなか。だめなら予備のeneloopを持っていけばいいだけ。

やっぱりGX-100になってからカメラへの愛情が増えてる気がする。

RICOH Caplio GX100 -4

GX100を旅に連れてきました。

Saint-Guilhem-le-Desert (GX100)

南仏で撮った写真を何枚か並べてみる。

[photo] Monpellie
[photo] Lake
[photo] Tram
[photo] Carbonara
[photo] Saint-Guilhem-le-Desert -2
[photo] Saint-Guilhem-le-Desert -3

幸い、天気には恵まれ、連日写真日和でした。良い色。南仏のいわゆる「抜けるような青空」。

コテコテと「色合い」+2にしてるんだけど、流石に若干色味が派手すぎるかなぁ。気候のせいかもしれないけど。今回はカッとした感じが欲しかったんでこれでいいけど、うん、「色合い」1つくらい落とすか。こうやって画像設定ができるのは良い。というか弄れるところがあるのは楽しい。

アスペクト比、1:1は楽しいんだけど、資料として使おうと思うとなんだかイマイチなので普段は無難に4:3で撮ってます。写真を撮るのは実は趣味というよりデータ。

だから逆に1:1で撮ると「趣味」って感じがして良い。

あと前回デフォはもう少し望遠よりにできないのかなぁ。って書いたんだけど、ステップズームってのがあるのね。普通のズームはぬめーっと連続的にズームするんだけど、ステップズームだと焦点距離を24 / 28 / 35 / 50 / 72mmの5段階から選ぶ感じ。これは良い。デフォルト設定はステップズームにしました。

しかし、せっかく焦点距離を決め打ちできても、iPhoto上でどの焦点距離で撮ったかの見方がイマイチよく分からない。いちおうマンマ「焦点距離」って項目はあるんだけど「35mm換算」ってヤツじゃないのね。うう、カメラは難しい。

このカメラ、サイズ的にもスナップ写真にはちょうどいいです。一眼レフみたいに身構えない感じが良い。レンズキャップはそんなに気にならない。

つーか、持ってて楽しいです、GX100。楽しいカメラ。色々撮る気になる。変に設定弄って失敗するのもまた楽し(失敗作も沢山あります)

あと、今回やっぱフード買おうかなぁと思った。帰ったら買おう。

RICOH Caplio GX100 -3

使ってみました。

白川郷 (GX100)
→ amazon:RICOH Caplio GX100 VF KIT
RICOH GX100

うん、なかなかいい感じ。幸い天気もよかったし。

しかし、なかなか思った通りに撮れない。これはおそらく私の力量の問題だが。晴れてるのに空が飛んで曇りみたいになったり、逆にコントラストが付きすぎて日陰が暗すぎたりとか。

しかも、もう1回落とした。どんだけー。

広角っぷりはハンパねぇ。なんか気をつけないと演出がされすぎちゃうので、ニュートラルな写真を撮る時は少し考えないといけないかもしれない。これって、デフォはもう少し望遠よりにできないのかなぁ。

いやでも面白いです。ちょっと弄ると撮れる画が変わるのが面白い。

うーん、まだ感覚が掴めないなぁ。真面目にカメラの練習とお勉強しようかなぁ。

RICOH Caplio GX100 -2

→ amazon:RICOH Caplio GX100 VF KIT

カメラ届いた。

カワユスカワユス。

レンズキャップ開いてるとそれっぽいけど、レンズキャップ閉めちゃうと正面顔は意外とオモチャっぽいところとかカワユス。

サイズも思ったより小さいし、前のIXYに比べりゃそりゃデカいけど、これなら十分街歩きに持ち歩けます。

ひとまずは色々いじくり回す。

設定が色々変えられるのも楽しいけど、そういった設定変更にアクセスしやすいのが良い。フラッシュ切りっぱなしなのは当然として、露出とかISO感度とかホワイトバランスとか。これならちょくちょく弄る気になれそう。モードにオリジナルモードが2種類登録できるんだけど、ひとまずその1つをアスペクト比1:1にしてみた。正直、こんなの後からコンピュータで編集すりゃ良いじゃんって感じなんだけど、まぁ撮るときにどこまでが入るのかが分かるのは便利だろう。1:1はArchitecture用。

予想外で驚いたのは、スイッチを入れた時のレンズが持ち上がる音が静かなこと。ちゃっちいコンデジばっかり見てたせいかもしれないが、同じRICOHの他のCaplioと比べてもこれは静か。いいです。好感。

でっぱったVF(ビューファインダー)はGX100のウリの一つらしいが、確実に邪魔なので付けてません。見た目は付いてる方がGX100らしくなるけどね。液晶画面の方が情報量も多いし。

ケースはひとまず3rdパーティが出したちゃっちい無難そうなヤツ。純正もちょっと魅かれるけど、ケースに5,000円は流石に高い。VF付けないし。ただ、間に合わせで買ったのは見た目がイマイチだし換えバッテリーも入らないんで、もっといいのがあったら乗り換えるつもり。予備バッテリー持ち歩かないんだったらまぁまぁ悪くはないんだけどね。

ストラップは片側吊るしのネックストラップ買いました。無難に。あんまりゴツいとカバンに入れとく時も邪魔だし。GX100って書いてあるストラップがRICOHから出たら考えるけど。

まだ屋外でちゃんと撮ってないんで画の感想はいえませんが、広角、楽しみだなぁ。

ひとまず国内で2回連れ歩いて(白川郷とぐりんぐりん)、その後ドイツに持ってきます。

RICOH Caplio GX100

→ amazon:RICOH Caplio GX100 VF KIT

買ってしまった……。

というのも、先日、それまで使っていたIXY DIGITAL 60を壊しまして。壊したというか、液晶が割れちゃって。なのでまだ本体はカメラとしては使えなくはないのですが、流石に液晶がないと不便。一応ファインダーはあるんだけど、設定画面とかヒストグラムとかは液晶画面に出るんで。で、修理価格を見積もってもらったんだけど、その額が1万4000円。純粋に液晶部分の交換だけで。案の定保証も効かないし(延長保証付けたのに…)

修理で1万4000円払うくらいなら新品の新しいIXY買った方がいいよと思い、新しいIXYを物色し始めたのが約3週間前。気付いたら購入候補カメラはCanon IXYではなくRICOHのGX100になってた。あれ?

この値段になると1万4000円の修理費の代替にはならないんじゃないかという気がするのだが、でも一度見つけちゃうとやっぱりIXYよりこっちの方がいい。どっちにしろ液晶の壊れたカメラをメインとして使う気はないし、どうせ買うなら良いカメラの方がいいし。

なんといっても広角ということで。24mm。広角となると結局選択肢はRICOHになるのね。いままで使ってたIXY DIGITALは35mmだったので、広角っぷりが実感できそう。ワイコン付けると19mmまでいけるそうだが、さすがにゴツいのでそれは保留。あんまり歪んでるのもアレだし。

GR DIGITALとも迷ったんだけど、手ぶれ補正と広角でこっちにした。自分の用途として、外で三脚立てずに街とか建物とか風景を撮ることが多いので。GR DIGITALの色再現度とゆがみの少なさは魅力ではあるのだが。GX100はレンズキャップ式なのもちょっと気になるか。まぁ、概ね新しいモノの方がなにかといいだろう。手ぶれ補正と広角は変えがたい。

IXYはもう辞めた。IXY200a, IXY60と使ってきたがここで打ち止め。今は色んな種類の良いデジカメが出てて昔みたいな特別感はないし、見た目も格段に悪くなった。昔はカッコ良かったのになぁ、IXY。憧れるデジカメだった。IXYの色自体は派手で好きなんだけど。人撮らないから最近の顔認識なんとかとかそういうのはいらない。IXY60で特別落としたりしてないのに液晶が2回も(そう、2回目なんです)割れたのもちょっと……。

今後の使い方としては、普段のカバンには常に液晶の壊れたIXY DIGITALを突っ込んどいて、旅行とか確実に写真をガツガツ撮るときにはこのGX100を持っていこう。

自分の写真ログを見ても、結局普段思い立って写真を撮ることはあまりない。逆に旅行とか写真撮る目的で出かけた時は1日300枚くらい撮る(アホか)。なので大事なのは "写真を撮る日" によいカメラで撮れることと、普段にシャッターチャンスにカメラがないという事態をなくすことだ。かといって写真を撮るためだけに出かけることはあまりないので、一眼レフはいらない。高いし、邪魔だし。

結局液晶を壊した原因は普段からカバンに入れっぱなしにしてたことだろう。残念ながら私の機械の扱いは荒いのであっちこっち引っぱり回してすぐ壊してしまう。しょっちゅう色んな機械を修理に出してる気がする。デジカメに電子辞書にイアホンにMac本体に。これはもうしょうがない。こういう気質なんだ。直す気はない。なのでできるのは、GX100を丁寧に取り扱うことではなくGX100を普段からそういった危険な目にあわせないことだ。

オンラインショップで買ったので到着はまだ。楽しみ。今回はさすがにそれなりの値段なので安いとこで買いたかった。

家具も買い替えたし、最近散財しすぎだ。まずい。