Tag: Markdown

Markdownタグの付いた記事

RSS

Marked 1.3.3

Marked
App Store
Marked

今日知ったMarkedというMacのソフトが便利。

なんてことない、Markdownのプレビューワだ。エディタではない、ただのプレビューワというところがポイント。既存のテキストエディタと併用することを想定して作られている。実際の使い方はサイトにある紹介ビデオがわかりやすいだろう。ファイルをドラッグ&ドロップするだけ。

編集中のウィンドウの横にコンパクトに開かれる
[screen shot] CotEditor + Marked

ただのプレビューワだからこその場所を取らないミニマルなUIが良い。プレビューワだからこその、控えめなウィンドウ幅でしかも画面の右寄りに表示されるのが良い。プレビューワだからこそのライブプレビューが良い。

適応スタイルはシンプルなプリセットがいくつかあるし、もちろん自分でCSSを書いて付け足すこともできる。HTMLの書き出しもボタン1つ。アウトラインとジャンプ機能もある。Markdown変換エンジンは好みのものを別途設定することもできる。

結局Markdownなんてプレーンテキストなんだから大げさに専用のエディタなんて使わずに気軽に普段使いのテキストエディタでやりたいのよ。そのための記法でしょ? あくまで用途によってはたまにプレビューしたくもなる、くらいで。

毎度のCotEditor+Markdownシンタックスで書いて、プレビューしたくなった時点でMarkedをラウンチ。

手抜きのためにMarked呼び出しはAppleScriptにやらせよう。これならMarkedをDockに入れておく必要すらない。

tell application "CotEditor"
    if exists front document then
        tell front document
            if coloring style is in {"HTML", "HTML5", "CSS", "JavaScript", "PHP", "SVG"} then
                -- reload Safari
                tell application "Safari" to do JavaScript "location.reload(true);" in document 1
            else if coloring style is "Markdown" then
                -- launch Marked
                set thePath to path
                tell application "Marked" to open thePath
            end if
        end tell
    end if
end tell
Preview.@r.scpt

プレビュー用のcontrol + Rで実行させるスクリプトを拡張してモードがMarkdownのときはMarkedが開くようにした(ちなみにHTMLとかCSSのときはSafariがリロードされる)

AppleScript EditorにこのスクリプトをコピペしてCotEditorのScriptMenuフォルダ (~/Library/Application Support/CotEditor/ScriptMenu) に保存して下さい。ショートカットキーはスクリプト名の末尾 (この場合@r) で指定できます。

純粋にスクリプトメニューからMarkedを開きたいだけの場合は以下で。

tell application "CotEditor"
    if exists front document then
        tell front document
            set thePath to path
            tell application "Marked" to open thePath
        end tell
    end if
end tell
Preview Markdown.scpt

まぁMarkedは1度開いちゃえばあとはテキストエディタの方でファイルを保存するたびに連動して勝手にアップデートしてくれるからラウンチだけで良いんだけど。

編集中のウィンドウの横にコンパクトに開かれる
Save RTF

そして個人的に最高なのが "Save RTF"。スタイルを適応した状態でリッチテキストで保存できる。Markdownって書慣れてる側としては書きやすいからREADMEだのなんだのに使いがちなんだけど、知らない人からするとやっぱりなんだかんだでリッチテキストの方が見やすいわけで。でも一度Markdownで書いたもののリッチテキスト版を別途作成するのも二度手間。そこでこの Save RTF、読ませる相手によってフォーマットを使い分け。もう、本当にこんな機能こそがほしかった。

あとはせっかくなんだからさらに脇役らしく立ち上がったときにDockにアイコンが出ないような設定ができるようになったら最高だなと思いつつ別にそこは使用には支障はない。これはコンパクトな良いソフトウェア。有料ソフトで350円するんだけど、350円くらい、喫茶店1回分だろう。いいじゃないそのくらい適正価格。

CotEditorでMarkdown

[icon]
CotEditor

先日CotEditor用のMarkdownカラーリング定義ファイルを作りましたが、ついでに、とCotEditorのスクリプトメニューからMarkdownをHTMLに変換するスクリプトを探してみたら、意外と見つからない。というよりも、以前はそれについて書かれたBlog記事がいくつかあったのですが、現在はいずれも閉鎖されて見られなくなってしまっているようなのです。

いくつかのサイトからのリンクが残ってるのを見るに、kazさんのJAM LOGになんか書いてあったようなのですがJAM LOGも数年前に既に閉鎖。今では跡地も残っておらず見ることができません。

JAM LOG : CotEditorでMarkdown () リンク切れ
http://jamlog.podzone.org/index.php?id=605

探し出すと気になってしまうものですが、自分でどうにかするほどではないしまぁ諦めるかな、と考えたそのとき、ふと思い立ちInternetArvhiveで色々ひっくり返してみたら当時のこのページの本文が出てきました。で、該当記事に記されているとおりにやってみたら今もちゃんと使える。おぉ。

個人的にはMarkdownはHTMLの簡易記法、ではなくプレーンテキストを見やすく構造化するために使ってるのでHTMLに変換することはあまりないのですが、ぐぐってもやり方が出てこないのは不便なのでせっかく掘り出したことだし、ちょっと転載っぽくはあるがやり方を書いてみようと思います。

kazさん勝手に失礼します。

Markdown変換スクリプト

まず本家Markdownのサイトへ行き、MarkdownをHTMLに変換するPerlスクリプトをダウンロードします。

ファイルを解凍したら、その中にあるMarkdown.plを使います。任意のエディタ(というかCotEditor)でMarkdown.plを開き、最初の「#!/usr/bin/perl」の後にコピー&ペーストで

# %%%{CotEditorXInput=Selection}%%%
# %%%{CotEditorXOutput=ReplaceSelection}%%%

の2行を追加して保存、その後Terminal.appから

$ chmod +x Markdown.pl

でMarkdown.plに実行権を与えます(ファイルまでのパスは各自揃えて下さい)

次にそのMarkdown.plをCotEditorのスクリプトフォルダに突っ込みます。CotEditorのスクリプトメニューから「スクリプトフォルダを開く」を選択するとFinderで該当フォルダが開くのでそこに入れて下さい。ついでにここでわりやすい任意のファイル名に好みで変更。それができたら「スクリプトメニューを更新」を実行してみよう。

[スクリプトメニューに出てくる。]
スクリプトメニューから変換を実行する

これでCotEditorのスクリプトメニューに追加した変換スクリプトが表示されます。あとは、書いたMarkdownの任意の範囲を選択して、スクリプトを実行すれば良い。選択範囲がHTMLに変換されます。

Markdown.plist v1.0β2

また、先日作ったカラーリング・シンタックス定義の方も少し修正しました。タイトルまわりをもう少し厳密にピックするようにしたのとブロック+インデント時のカラーリングの改良です。前者はまぁいいと思うのですが、後者はまだリストの入れ子にコードや段落を混ぜて入れる、とかされると辛いかもしれません。まぁこの辺りはVimのMarkdownカラーリングでもできてないので勘弁してくれ。

置き場は同じ。

Markdownカラーリング・シンタックス for CotEditor

第2次CotEditorシンタックス定義ブームが私に来ているらしく(第1次は数年前にgnuplotとImageJのを作ったとき)、また1つ書いてみました。今回はMarkdown記法です。

Markdown Colouring Syntax for CotEditor
[icon]
CotEditor

プレーンテキスト好きなので、普段のちょっとした覚え書きとかメモは毎度のCotEditorで書いてるのですが、やはりちょっと味気なく感じることもある。タイトルくらい色が付いたら見やすいのになぁ、なんて思っており、だったらMarkdownが汎用性もあっていいのでは、と。そいで作りました。

ひとまずその定義ファイルは

に他のと一緒に置いてます。どちらかというとまだβ版なのですが、普通に使う分にはわりあい使えるはずです。

あと、今回作ったのはあくまでカラーリングシンタックス定義なので、Markdownで書いた文書をHTML等へと変換する機構は備えていません。以前はCotEditorから変換を蹴るスクリプトを配布している方がいらしたみたいなのですが…。

と、言っておりましたが CotEditorでMarkdown にスクリプトメニューから実行する方法を書きました。

以下ぐだぐだと作った過程について。

read more