アンツァイガー・ビル

Anzeiger-Hochhaus

[photo:Anzeiger-Hochhaus]
名称
アンツァイガー・ビル
Anzeiger-Hochhaus
headquater of the state bank of north Germany
設計
Fritz Höger
竣工
1928年
用途
オフィス
場所
Hannover, Germany
訪問日
カメラ
RICOH Caplio GX100

ドイツにおける初期の高層建築の一。新聞社のためのビルとして建てられた。第2次世界大戦時に空襲のあったハノーファーでほとんど空爆をうけておらず、ほぼ昔の姿を保っている。北ドイツの伝統的な建材である赤褐色のレンガを全面に使用し、スタイルは表現主義に分類される。

最上階のドーム状の部分にはかつてプラネタリウムが入っていた。現在はその部分は映画館となっている。

現在も複数のテレビ局などが入り、ハノーファーのメディアセンターの一つとして知られている。

所感

いかにも北ドイツなレンガの重厚感あふれる建物。中には入らなかったので外から見ただけ。赤褐色にドームの緑青色は良い組み合わせ。前面の道路の交通量が多いのが少々残念だった。

夜に前を通ったらあまり品の良くないネオンがビル全体に煌々と点いていたのだが、あれはどうかと思う。

写真

外観

周辺

アクセス

Goseriede 9, 30159 Hannover, Germany

ハノーファー中央駅から徒歩10分。または、トラムで 'Am Steintor' 下車、目の前。

# 2007年10月時点

建築家

Fritz Höger (1877-1949)
[フリッツ・ヘーガー] ドイツ出身の建築家。アール・デコ。
Wikipedia -Johann Friedrich Höger

これらの情報は1024jpの訪問時、またはページ執筆時の独自調査に基づくものであり、情報の確実性・信頼性を保証するものではありません。