Album

私的ALFEEアルバム評

Alfie期 (1974-1975)

アイドルフォークグループとしてビクターからデビュー。メンバーも桜井・坂崎・高見沢の3人に加え、前身グループのメンバーであった三宅がいる。この時期は作詞・作曲は自らで行っておらず、その活動はレコード会社主体である。

  1. [artwork] 青春の記憶

Alfee期 (1979-1982)

ビクター時代の反省をもとに、グループ名のスペルも新たに自身らで作詞・作曲をするグループとしてポニーキャニオンから再デビュー。ここから現在までALFEEのメンバーは桜井・坂崎・高見沢の3人である。この時期の音楽ジャンルはフォーク。なお、ALFEEではこの『TIME AND TIDE』を彼らの1stアルバムとしてその後ナンバリングすることも多い。

  1. [artwork] TIME AND TIDE
  2. [artwork] 賛集詩
  3. [artwork] ALMIGHTY
  4. [artwork] doubt,

ALFEE期(1982-1986)

高見沢がギターをアコースティックからエレキに持ち替え、音楽性もフォークからロックへとシフトチェンジをする。売り上げ的にも「メリーアン(1983) を皮切りに、コンスタントにヒットチャートにランクインするようになる。

  1. [artwork] ALFEE
  2. [artwork] ALFEE'S LAW
  3. [artwork] THE RENAISSANCE
  4. [artwork] FOR YOUR LOVE
  5. [artwork] THE BEST SONGS

THE ALFEE期 -1 (1986-1996)

東京ベイエリアで単独10万人を動員した野外コンサートをきっかけに、より硬派なロックバンドとしてバンドを確立させていった時期。アルバム毎のコンセプトも強い。

  1. [artwork] AGES
  2. [artwork] U.K. Breakfast
  3. [artwork] DNA -Communication
  4. [artwork] ARCADIA
  5. [artwork] JOURNEY
  6. [artwork] 夢幻の果てに
  7. [artwork] LOVE

THE ALFEE期 -2 (1997-)

再デビュー以降の所属であるポニーキャニオンから東芝EMIに移籍。ここにきて演奏がラフに、音楽はポップさが増しバラエティが豊かになる。

  1. [artwork] Nouvelle Vague
  2. [artwork] Pride
  3. [artwork] örb
  4. [artwork] GLINT BEAT
  5. [artwork] Going My Way
  6. [artwork] ONE -Venus of Rock-
  7. [artwork] 新世界 -Neo Universe-