ヴォルフロッシュ

Tag: reST

reSTタグの付いた記事

RSS

CotEditor + MarkedでreST / Textile編集

[icon]
CotEditor
Marked
App Store
Marked

以前当ブログで、CotEditor(テキストエディタ)Marked(Markdownビューワ)を組み合わせたMarkdown編集環境を紹介したのですが、実は同じ組み合わせでreSTやTextileの編集環境を作ることも可能です。

つまり、CotEditorreStracturedText (a.k.a. reST) もしくは Textileのエディタをして使い、Markedでそのプレビューを行います。

世の中Markdown編集ソフトというのは結構出てきているのですが、reStracturedText やTextileとなると、とたんにその選択肢は少なくなります。けっこう皆さんreSTやTextileに関してはしぶしぶコマンドラインでHTMLに書き出してブラウザでプレビュー、なんて原始的な方法を取っているのではないでしょうか。せっかくの軽量マークアップ言語、プレビューもスマートにいきたいものです。

そこでCotEditor + Marked

おさらいをすると、MarkedとはMarkedown文書をリアルタイムプレビューするMac OS Xのシェアウェアです。詳しいソフトウェアの紹介は冒頭でリンクした当ブログの過去の記事に譲ります。MarkdownプレビューワというふれこみのこのMarkedですが、このソフトはレンダリング・プロセッサをカスタム設定できるので、そこにreSTやTextileのレンダリングエンジンを設定すれば実はそれらのプレビューが可能になるのです。

ただし、現時点でMarkedは複数のエンジンを同時に設定することはできないので、Markdown / reST / Textileいずれかの専用プレビューワとしてしか使用できません。その点はご注意を。

よって本稿は、MarkdownよりもreST / Textileがメインの人、もしくはMarkdown用エディタは別に整えていてよりニッチなreST / Textile用のエディタ+ビューワを探している人向けになります。

また、ここまで読んで気づく人は気づくかもしれませんが、Markedはエディタとビューワを分離させるのが売りのソフトウェアなので、エディタ部分は別にCotEditorでなくてもかまいません。ただ私が熱心なCotEditorユーザなのでCotEditorとの連携に絞って紹介します。他のエディタをお使いの方は適当に読み替えて下さい。

ということで、以下その設定方法を解説します。reSTとTextileの設定方法をまとめて書いているので、適宜必要な方を拾いながら読んで下さい。

ちなみに紹介した方法で実際に動くかは、一応手元 (OS X v10.8.2 + CotEditor v1.3.1 + Marked v1.4) で確認済です。

read more