Tag: Python

Pythonタグの付いた記事

RSS

CotEditorでPython PEP8チェック

CotEditor
CotEditor

最近Pythonを書く人になったので、色々CotEditorのPython周りを整えています1。ということで表題の通り、CotEditorで開いてるファイルをPythonの推奨コーディングスタイルであるPEP8のチェックにかけるCotEditorスクリプトを書きました。

あ、ちょっと、「CotEditorユーザだけどPythonなら関係ないや」なんて帰らないで! このポストの後半で、このスクリプトのソースを使ってCotEditorスクリプトを書くTipsをついでに共有したいと思ってます。

Check PEP8

PEP8の結果が表示されたCotEditor Script Error Window
CotEditorのスクリプトエラーウィンドウに結果を出力

ともあれ先にこのスクリプト自体の説明。

実行するとCotEditorのスクリプトエラーウィンドウに、ファイル名とともにCotEditorの最前面のウィンドウのPEP8テスト結果を出力します。メニューバーから実行できてわざわざターミナルに行かなくてもいいから便利。

当サイトのCotEditor用マクロ配布ページからダウンロードできます。インストール方法もこの配布ページを見て下さい。

パスの設定

このスクリプト、たぶん環境によって違うのでPEP8へのパスを合わせる必要があります。スクリプトの頭のところに PEP8 っていう変数があるので、そこにPEP8へのパスを入れて下さい。単に 'pep8' でもいいかもしれません。わからない人はTerminalで which pep8 って入れればわかります。そもそもpep8が入っていない人はそれを(というかpytestを)インストールするところから始めて下さい。Mac OS Xには標準では入っていません。でもPython書くなら入れといた方がいいと思います。

  1. reSTのシンタックス定義とかiniのシンタックス定義とか。

read more