ヴォルフロッシュ

Tag: Marked

Markedタグの付いた記事

RSS

CotEditor + MarkedでreST / Textile編集

[icon]
CotEditor
Marked
App Store
Marked

以前当ブログで、CotEditor(テキストエディタ)Marked(Markdownビューワ)を組み合わせたMarkdown編集環境を紹介したのですが、実は同じ組み合わせでreSTやTextileの編集環境を作ることも可能です。

つまり、CotEditorreStracturedText (a.k.a. reST) もしくは Textileのエディタをして使い、Markedでそのプレビューを行います。

世の中Markdown編集ソフトというのは結構出てきているのですが、reStracturedText やTextileとなると、とたんにその選択肢は少なくなります。けっこう皆さんreSTやTextileに関してはしぶしぶコマンドラインでHTMLに書き出してブラウザでプレビュー、なんて原始的な方法を取っているのではないでしょうか。せっかくの軽量マークアップ言語、プレビューもスマートにいきたいものです。

そこでCotEditor + Marked

おさらいをすると、MarkedとはMarkedown文書をリアルタイムプレビューするMac OS Xのシェアウェアです。詳しいソフトウェアの紹介は冒頭でリンクした当ブログの過去の記事に譲ります。MarkdownプレビューワというふれこみのこのMarkedですが、このソフトはレンダリング・プロセッサをカスタム設定できるので、そこにreSTやTextileのレンダリングエンジンを設定すれば実はそれらのプレビューが可能になるのです。

ただし、現時点でMarkedは複数のエンジンを同時に設定することはできないので、Markdown / reST / Textileいずれかの専用プレビューワとしてしか使用できません。その点はご注意を。

よって本稿は、MarkdownよりもreST / Textileがメインの人、もしくはMarkdown用エディタは別に整えていてよりニッチなreST / Textile用のエディタ+ビューワを探している人向けになります。

また、ここまで読んで気づく人は気づくかもしれませんが、Markedはエディタとビューワを分離させるのが売りのソフトウェアなので、エディタ部分は別にCotEditorでなくてもかまいません。ただ私が熱心なCotEditorユーザなのでCotEditorとの連携に絞って紹介します。他のエディタをお使いの方は適当に読み替えて下さい。

ということで、以下その設定方法を解説します。reSTとTextileの設定方法をまとめて書いているので、適宜必要な方を拾いながら読んで下さい。

ちなみに紹介した方法で実際に動くかは、一応手元 (OS X v10.8.2 + CotEditor v1.3.1 + Marked v1.4) で確認済です。

read more

Marked 1.3.3

Marked
App Store
Marked

今日知ったMarkedというMacのソフトが便利。

なんてことない、Markdownのプレビューワだ。エディタではない、ただのプレビューワというところがポイント。既存のテキストエディタと併用することを想定して作られている。実際の使い方はサイトにある紹介ビデオがわかりやすいだろう。ファイルをドラッグ&ドロップするだけ。

編集中のウィンドウの横にコンパクトに開かれる
[screen shot] CotEditor + Marked

ただのプレビューワだからこその場所を取らないミニマルなUIが良い。プレビューワだからこその、控えめなウィンドウ幅でしかも画面の右寄りに表示されるのが良い。プレビューワだからこそのライブプレビューが良い。

適応スタイルはシンプルなプリセットがいくつかあるし、もちろん自分でCSSを書いて付け足すこともできる。HTMLの書き出しもボタン1つ。アウトラインとジャンプ機能もある。Markdown変換エンジンは好みのものを別途設定することもできる。

結局Markdownなんてプレーンテキストなんだから大げさに専用のエディタなんて使わずに気軽に普段使いのテキストエディタでやりたいのよ。そのための記法でしょ? あくまで用途によってはたまにプレビューしたくもなる、くらいで。

毎度のCotEditor+Markdownシンタックスで書いて、プレビューしたくなった時点でMarkedをラウンチ。

手抜きのためにMarked呼び出しはAppleScriptにやらせよう。これならMarkedをDockに入れておく必要すらない。

tell application "CotEditor"
    if exists front document then
        tell front document
            if coloring style is in {"HTML", "HTML5", "CSS", "JavaScript", "PHP", "SVG"} then
                -- reload Safari
                tell application "Safari" to do JavaScript "location.reload(true);" in document 1
            else if coloring style is "Markdown" then
                -- launch Marked
                set thePath to path
                tell application "Marked" to open thePath
            end if
        end tell
    end if
end tell
Preview.@r.scpt

プレビュー用のcontrol + Rで実行させるスクリプトを拡張してモードがMarkdownのときはMarkedが開くようにした(ちなみにHTMLとかCSSのときはSafariがリロードされる)

AppleScript EditorにこのスクリプトをコピペしてCotEditorのScriptMenuフォルダ (~/Library/Application Support/CotEditor/ScriptMenu) に保存して下さい。ショートカットキーはスクリプト名の末尾 (この場合@r) で指定できます。

純粋にスクリプトメニューからMarkedを開きたいだけの場合は以下で。

tell application "CotEditor"
    if exists front document then
        tell front document
            set thePath to path
            tell application "Marked" to open thePath
        end tell
    end if
end tell
Preview Markdown.scpt

まぁMarkedは1度開いちゃえばあとはテキストエディタの方でファイルを保存するたびに連動して勝手にアップデートしてくれるからラウンチだけで良いんだけど。

編集中のウィンドウの横にコンパクトに開かれる
Save RTF

そして個人的に最高なのが "Save RTF"。スタイルを適応した状態でリッチテキストで保存できる。Markdownって書慣れてる側としては書きやすいからREADMEだのなんだのに使いがちなんだけど、知らない人からするとやっぱりなんだかんだでリッチテキストの方が見やすいわけで。でも一度Markdownで書いたもののリッチテキスト版を別途作成するのも二度手間。そこでこの Save RTF、読ませる相手によってフォーマットを使い分け。もう、本当にこんな機能こそがほしかった。

あとはせっかくなんだからさらに脇役らしく立ち上がったときにDockにアイコンが出ないような設定ができるようになったら最高だなと思いつつ別にそこは使用には支障はない。これはコンパクトな良いソフトウェア。有料ソフトで350円するんだけど、350円くらい、喫茶店1回分だろう。いいじゃないそのくらい適正価格。