ヴォルフロッシュ

Tag: ALFEE

ALFEEタグの付いた記事

RSS

高見沢ギター コレクション300

うわー、やっちゃった。あーぁ。いやさぁ、高見沢のギター本買おうと思ったら落丁の買っちゃったのよ。いやなんか一応後ろの方にオマケっぽくギタの写真とか載ってるんだけどそのギタ説明部分がないのよ。 うわー、しくったよ。 しかも中身のインタビューテキスト、前になんか読んだことある気がして。おっかしなぁ? デジャヴかなぁ? 色彩のブルースかなぁ?

ま、そんな感じです。まぁ文句は置いといて、301もあるんだから全部にコメント付けてたら大変だろうなぁ、とか。301のギター全部に思い出があるわけじゃないんだろうなぁ、とか。でも、高見沢のギター本って装丁も中身もかなり完成したモノを作って欲しいと前々から思っていたので、そういう意味ではちょっとガッカリですね。もうこれでギタ本は出たっていう勘定になって、もう「ちゃんとしたギター本」は制作されないんだろうからねぇ。そういう意味じゃなくても普通にガッカリですが。

Player本誌に載ってた方の高見沢写真は結構カッコイイじゃないか!とか思ったのですが、これはは...。アイシャドーガシガシでカメラ目線とかされるとちょっと…。でもまぁ、こんなもんかな。48のオッサン相手にビジュアル面をそうガンガン言うのも酷ですし。高見沢の、オカシイのとカッコイイののギリギリの所にいる格好は好きです。きわどい。たまに本当にオカシイけど。

で、前に何回か書いたことあるけど、改めて私の好きギター。せっかく本があるんで番号付きで行きます。順番に。

13台。13/301台。全体の約4.3%。全て見た目だけです。音なんか知ったこっちゃありません。この本もこーゆ−趣旨の本だし。スタンダードなので美人なギターももちろんありますが、そーゆーのは抜かしてこれは見た目というは変形っぷりというかで選んでます。スタンダードな形の青トラが紛れ込んでますが。青のトラ目好きなんで許してください。20th Anniversarryとサーベルはいつものこととして、25th Anniversarryがかなり好きです。グラデがキレイ。devilギタは初めて見た。いつのまに作ったのでしょう? エンジェルシリーズに対抗してるのかなぁ? もっと作り込んだDevilも見てみたい。今回iBook入れなかったのは、iBookって蓋を開けるとショボショボだから。デスクトップはMacOSX標準のにして欲しい。

高見沢のギターって250本くらいだと思ってた。数年前うたばんで230本くらいとか言ってたくせに。300本もありゃそりゃギター館の一つも作りたくなるわな。しかし、大まかに計算すると、初期のころはそんなにガシガシ買えなかったとして、最近は1ヶ月1本くらいのペースで増えてるんだよねぇ。なんだかんだ言ってやっぱし金持ちだなぁ。

TRANSFORMATION 秋ツアー

いきなりだけど秋ツアー感想。ネタバレです。別にライヴ行ってないけど。もういいの、秋ツアー行かないから。まぁ行ったとしてもセットリストは先に見ちゃう方だし。ネットで拾ってきたセットリストを参考に書いてます。ガンガンツアー内容書いてあります。それでもイイって人だけ以下を反転するなりコピペするなりすると読めます。秋ツアー終わったら普通に読めるようになります。(読めるようにしました)

一番の衝撃は「From The Past To The Future」をやったこと。今回のツアーはコレにつきます。ていうか、やるなよ。あと1ツアーくらい待ってくれればいいのにね、私を。でもまぁできるようになったのはすごいことです。やたー。ちゃんとできてるのかなぁ?音とか削られまくってたらそれはそれでヤだし。Wネックギタとかなのかね? それともトリプルかい? 高見沢は…高見沢もアコギなんだろうなぁ。

もひとつ「From The Past 〜」と並んで「おいぃ!」という気分になったのは「悲しみの雨が降る」です。「おいぃ!」ですよ。大好きな曲だっつの。生で聞いたことねぇっつの。聞き所はやはり最後の高見沢シャウトコーラス。これが決まってないんだったらまぁいいんだけど。どうしてくれる。「君に逢ったのはいつだろう」も結構ショックですね。同じく高見沢がちゃんと歌えてるのであれば。

今回コント部分は結構どうでもよさそうだな。コントはねぇ、嫌いじゃないんだよ。好きなんだよ。もっと頑張って欲しいね。

あと聞きたかったのは……、「Punks Life」「Kings's Boogie」、「BOY」もかな? ウワサの「Punks Life」は一度も聞いたことないよ。どうなんだよ、どう萌えるんだよ。私にも萌えさせてくれよ。「Bad Girl」とか「ロックンロールナイトショー」とかソレ系はやらないでくれてホッとしてます。ま、最近結構やってたもんね。

ま、そんな感じ。あー、ツアーパンフ何処で手に入れようかなぁ。全然考えてなかった。九段下に1日だけ行くか。パンフだけ手に入れて帰るの。さみしー。去年もそーだったしね。

Tx2 SHOW

最終回くらいTx2を見よう。まぁつまり最近全く見てないって話ですね。だってつまんないんだもん、Tx2(ぉ。最終回はやっぱりFolder5なのか。でもFolder5より真琴 つばさが出た回のが見たかった。知らなかったんだよ、真琴サン出るの。

Folder5でTx2と言えば、高見沢+アキナな訳ですが、いいと思うよ、このコンビ。だいぶ笑かしてもらいました。アキナは本気なのか高見沢いぢって遊んでるだけなのか分かんないけど。遊んでるだけなら高見沢はずいぶん可哀想な男だな(笑)。もう、いいじゃん。つき合っちゃえよ。高見沢はだいぶアキナにヘラヘラしてましたけど、ま、そりゃ誰だってカワイイお嬢さんに「好きだ好きだ」言われたら悪い気はしないわけで。

総括としては、良い意味でも悪い意味でも高見沢を変えた番組だったな。拓郎さんと高見沢も仲良しになったし。でも高見沢にTVに対する変な自信は付けないで欲しかったな、個人的な好みで言うと。ま、良かったんじゃないんすか。

ゲストがいまいちでした。グラビアアイドルとかってグラビア見るのは良いけど、トーク聞いても別にね。もっと音楽番組っぽくして欲しかったのに。当初はその予定だったのかもしれないが。あ゛ー、誰が悪いんだ。

"王子" の話。王子の呼び名はTx2発祥みたいになってる気がするんだけど、違うよね。違うハズなんだけど。だってTx2始まるのって2000年でしょ? でもそれ以前からその呼び名はあったと思ったので。高見沢の王子キャラは好きじゃない。どちらかというと「王子〜♥」って言われて「ちげーよ」と言ってる高見沢が好きなわけで。というかTx2での王子の扱いが嫌いだったのかな。

ま、この番組は終わってもイイや。なんか往年の「WIN」みたいになってたし。こうやって番組はひっそりと終わっていくのね。

それより、深夜5分番組でもいいから、ラジヲ録音でもいいから、ALFEEが3人そろってる番組を作って欲しい。切実。全部保存だ。数年前の「昭和ヒットなんとか」みたいなALFEEの中から毎回2人を抜粋(?)みたいなのでもいいや。あー、あの番組、今ならちゃんと聞いたのになぁ。

Mac Fan 10/1号

今回の特集はMac Fanのわりにレイアウトすっきりだな。好感。iMacのロジックボードが青くてびっくりした。こーゆーのって普通緑なんじゃないの??青いのなんて多分初めて見たよ。うわー、かわいい。

高見沢俊彦のPower Book主義

このコーナー読むたびに同じマクヲタでも高見沢と私のMac感はちと違うなと思う。あと高見沢は趣味が悪いなとも思う。なんだよあのデスクトップ。

でもしかしFetchってこんなインターフェイスだったっけ? 明らかに私が使ってるのと違う。OS X版のFetchはそうなのか? でも高見沢が使ってるのってOS 9.xだよねぇ? Apuaライクなインターフェイスになってるのはテーマファイル使ってるからだと思うからそれもウチのと条件一緒だし。あ、カレイドスコープなのか? それとも実は本当にOS Xだとか。実はFetchはお金払うと見た目が変わるとか。モードによってはあーゆー画面もあるとか。うーん。分からん。

自分のFetchのヴァージョン上げ忘れてただけでした。Fetch 4.0.1に上げたら高見沢のと同じになった。

鉄下駄履いてゆけ!

私の好きな犬蔵氏のコーナー「鉄下駄履いてゆけ!」が何故か縮小されてる。え、これは今後ずっとスペース1/2ページなの? それは困る。ページ削るなら高見沢の方削れよ。大して面白くもないのに(おい)2ページも使っちゃってさ。最近これを一番の楽しみにMac Fan買ってるのに。高見沢よりまず犬蔵。1ページ復活希望。