ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

Gapplin 1.1

アプリケーションアイコン
Gapplin

先日1.0をMac App StoreからリリースしたSVGビューアGapplinですが、数日前から1.1が公開されています。

1.1では以下の点が新しくなりました。

  • 自動ダークモード機能を追加(イメージが白ベースのときに自動的にダークモードに切り替わります)
  • SVG(Z)ファイルのQuick Lookサポート
  • 現在のファイルサイズを情報バーに表示
  • 書き出しフォーマットにTIFFを追加
  • イメージを常にウインドウの中心に表示
  • ダークモードのときはスクロールバーが明るい色調に
  • フルスクリーンに対応
  • 対応言語にドイツ語を追加
  • 修正: SVGのソースにwidth/heightの記述がない際に、書き出されるイメージのキャプチャ範囲が間違っていることがあった
  • 修正: 初回のイメージ読み込み中にウインドウタイトルが表示されなかった
  • 修正: カラーパネルのアルファチャンネルスライダーが表示されないことがあった
  • 修正: いくつかのメモリリーク
  • ほか微調整

おもに1.0で間に合わなかった機能の追加になりますが、結構変わってます。目玉は自動ダークモード、Quick Lookの2つになるかと思います。

App Storeで1.0をダウンロードした方はおそらく既に自動的にアップデートされていることでしょう。

そもそもGapplin入れてない人はこれを機会にぜひー。


Gapplin 1.1新機能

自動ダークモード

自動ダークモードは、画像が白いときに勝手にダークモード(暗い背景)に切り替わる機能です。ウインドウ開く度にいちいちダークモードに切り替えるの面倒なので付けました。切り替わりのしきい値はかなり白よりなので、ほぼ真っ白な画像じゃないと自動では切り替わらないと思います。設定でオフにもできます。

この画像の明暗判定についてはQiitaに書きました。

Quick Look

SVGZ の Quick Look
SVGZ の Quick Look

そしてQuick Look。これは、Gapplin内というよりもFinderとかでSVG(Z)をQuick Lookできるようになる機能です。

デフォルトのOS Xだと、SVGZのQuick Lookはパースエラーを吐くだけ1で実質何の意味もなかったので、私自身かなり欲しかった機能です。この機能のためだけにGapplinを入れる価値があるのではと思うくらいです。もうSVGZをGapplinで開く必要すらなくなるかも。

普通のSVG画像もOS標準でのQuick Lookとは違い、ちゃんと表示範囲を切り取って表示します。

イメージセンタリング

あと画像がPreview.app等のように真ん中にくるようにしました。小さい画像とか見やすくなったと思います。v1.0の時点でそうしたかったのですが、意外と実装が難しく1.0では見送っていました。GapplinはSVGにサイズが指定されている場合とされていない場合で表示方法を内部で変えてたりするので、その辺も話がややこしくなる原因に。

これに伴い、画像サイズでアウトライン(Illustratorのアートボード的な)を出すという機能をつけたいと思うのでたぶん1.2で加えます。

ついでにこっちについても少しQiitaに書いてます。実際にはGapplinではこれ以外にも色々やってますが。

その他

その他はまぁ細かい機能追加と修正です。

ドイツ語ローカライズは私の趣味ですが、奇しくもUSA, Japanに次いでGermanyがダウンロード上位国なので、結果良かったのではと思います。なんで3位ドイツなんだろ。

余談ですが、多言語ローカライズにあたって特に環境設定ウインドウはautolayoutが必須でした。慣れると便利だけど、最初取っ付きづらいね。

1.2のロードマップ

そんなにメドは立てていないのですが、2014年第一四半期内には。前述したアウトライン機能と、あとAppleScript対応はそろそろなんとかしたいところです。

それ以外だと、後々はSVGとSVGZを切り替える機能、もしくはSVGZファイルを簡単に編集する機能をつけたいのですが、どういうインターフェイスにするか迷ってるのでまだ保留にしてます。これもそのうち。

いやぁ、それにしてもだいぶObjective-Cに慣れてきました。思ったより取っ付きやすい言語だった。たぶんARCのおかげ。難しいことはよくわかってないけど。メソッド名が長いのとか、嫌いじゃない。

  1. OSがSVGZをzgip解凍をしないでプレーンテキストのSVGと同じように扱おうとするので、ファイルが読めずそれをXMLパースエラーだと思ってWarningを吐いてくる。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。