ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

iOS Simulator

アプリケーションアイコン
iOS Simulator

Xcodeが入ってれば自動的に付いてくる、Webデザインの際に便利なiOSのシミュレータ。あまり話題に上がってるのを見たことないので意外と知らない人が多いのではないかとふと思い改めて書いてみる。

世の中にはiOSエミュレータを謳う専用のAirアプリケーションなんてものもあるらしいが、そんなの入れなくてももともとXcodeにはiOS Simulatorという名の専用アプリケーションが入っているのだ。これを使えばiOSのSafariを通したwebサイトの表示確認もMacからすぐにできる。

デスクトップに浮かぶiPhone
iOS Simulator Screen Shot (後ろはCotEditor)

このソフトウェア、居場所は /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/ の中なので Terminal.app で

open -a /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iPhone\ Simulator.app/

を叩けば直接立ち上がる1

アイコンが少ないホームスクリーン
iOS Simulator (Home)

無事iOS Simulatorを立ち上げるとデスクトップ上に直接iPhoneが現れ、その画面にアイコンの妙に少ない小ざっぱりとしたホームスクリーンが出るので、その中のSafariアイコンをクリックすればiOS版Safariが立ち上がる。これでURL欄にアドレスを打てばiPhoneで見るのと同じ条件でwebページが見られる。

Retina等倍じゃないので細部の最終確認は実機に譲ることになるだろうが、Macで作りながらちょこちょこ確認するならこっちの方が便利である。

いちいちXcodeから呼び出したりターミナル叩いたりするのはめんどくさいのでAlfredなどのランチャに登録しとくと楽(このときは iPhone Simulatorという名前になるのでややこしい)[設定]

アプリケーションアイコン
Alfredで呼び出す

あくまでiOSのエミュレータなので、トラックパッドスクロールが効かなかったり、コピー&ペーストのキーボードショートカットができなかったり2、webページのレンダリングを確認したいだけのときは少々の不便はあるが、デスクトップに直接iPhoneが浮かぶ様はコンパクトだしかわいい。

Phone込みのスクリーンショット3が撮りたいときなんかも使えると思う。

  1. どうでもいいが、正式名称は "iOS Simulator" なのか "iPhone Simulator" なのかよくわからない。いずれにせよ同一のアプリケーションを指している。
  2. クリップボードの内容は渡されるので、コピー&ペースト自体ができないわけではない。またテキストもiOS上のボタンを使わずともMacのキーボードから打てる。
  3. 一応おさらい、ウィンドウ単体のスクリーンショットは command + shift + 4 を打ってスクリーンショットモードにしてからスペースキーを打ってウィンドウ選択モードにして撮りたいウィンドウをクリック。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。