ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

Tricky Tracks

Tricky Tracks

SBB CFF FFS、いわゆるスイス鉄道の主催しているTricky Tracksというwebゲームがかっこ良くて感心したので紹介したい。

ルールはものすごく単純で、3Dマップ上に配置されたレールを列車を走らせ、次の駅にぴったり到達させるというただそれだけ。プレイヤーは列車がスタートするときの初速度のみしか入力できないので、地形とルートを見ながら最適な力でスタートさせなければならない。要はスマートボールである。もしくはゴルフのTVゲームとも近い。

という単純さなのだが、とにかく非常に画が美しい。もともとデザイナー系SNSのdribbbleで見かけたこのゲームのデザイナーNihad Nasupovic氏の一連の投稿があまりにもきれいだったので調べてみたらオンラインの無料ゲームだったわけだ。

せっかくなので以下スクリーンショットをいくつか。


まずコース選択画面。そのコースのマップのミニチュアが表示される。それぞれのコースはスイス鉄道の実際の路線のようで、コース名は地名になっている。クリアすると次のコースが開放される。

マップのミニチュアによるコース選択
コース選択画面 (drei-seen-land -> breitnau)

そして実際のプレイ画面がこちら。右上にあるバネをマウスでドラッグして放すと電車が進む。進行中は操作できないので、最初の一発で決めないといけない。

初期のマップは牧歌的
プレイ画面 drei-seen-land -> breitnau
山を走り抜ける列車
拡大

いかにもスイスらしい風光明媚なマップは眼福である。

マップは自由に回転縮小させることができる。ピントが浅いので、マップが大きくなってくると随時ズームをして視点を変えないとコースが掴めない。

電車を走らせないでこのマップをぐるぐるさせているだけでも楽しい。

後半になると視界が悪くなる他、車や信号機などが現れタイミングも重要になってくる。難易度も上がってきて、私はこの辺でお手上げになった。先に電車が走っていても容赦なく突っ込んでくる車に、スイスの交通事情が心配になる。

車の走る夜の街
プレイ画面 goldküste -> rankhalden

他、細部まで手が抜かれておらず、特定の条件を達成すると手に入るアチーブメントもいちいちカッコイイ。

チケット形式の達成項目一覧
archivements

最初にプラグインをインストールしないと遊べないのが少々面倒だが、単純なゲームなので美しいCGを楽しむつもりでぜひちょっとやってみることをお勧めする。プレイ言語は英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語から選べる。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。