Blog

Published on

RSS

CleanArchiver Replacement Icon

勝手にアイコンシリーズ、第4弾。今回はCleanArchiverというフリーの圧縮ソフトです。ファイルの圧縮はMacの場合OSレベルですでに装備されているのですが、このOS内蔵のアーカイバだと .DS_Store などの不過視設定ファイルなども含まれてしまうため、Windowsなどの別のプラットフォームの人に渡すのにはあまり美しくありません。そこでCleanArchiver。これは、それらの不要な設定ファイルを自動的に除いてファイルを固めてくれるのです。

CleanArchiver Original Icon
Original Icon

こいつをDockに置いておいて、圧縮したいときDockのアイコンにポイっとドラッグ&ドロップすれば、たちまちクリーンな圧縮がされるというわけです。圧縮形式も選べるため、zipじゃなくてtar.gzの方がオシャレ!などという場合も思いのまま。かなり便利なソフトウェアです。

なかなか小憎く、痒い所に手が届くこのCleanArchiverですが、その性質上Dockに置いて使うことになり、しかしアイコンがDockに並べるにはちょっとテイストが合わないかな、ということで以前から気になってた。それにサイズが128pxまでしかないし。

ってことで、実は半年くらい前からすでにこのCleanArchiverのカスタムアイコンを作る計画はあったのですが、当時使っていたMacBook+Illustrator CS3 + Mac OS X Lion の組み合わせがあまりにも重たくてアイコン制作に耐えないため、ラフだけ作って放置してありました。Macも新しくなったし、BathyScapheも一段落したし、そろそろかなと思い作業再開。

できあがりはこんなんです。

[アイコン画像]
CleanArchiver Replacement Icon
16pxサイズは別パース
16px

一応オリジナルアイコンを出発点として、色はオレンジ・水色・若干の黄色、モチーフは紙束にそれを纏めるモノ、にしたのですが、なんだかだいぶかけ離れてしまった。

最初は輪ゴムじゃなくてバインダークリップでやろうと思っていたのですが、クリップで留めるにはある程度の紙に薄さが必要で、でもアプリケーションアイコン的にボリュームを出したい、という理由で悩んだけれど却下。紙が薄いとエディタっぽくなってしまうんでそれは避けたかった。紙モチーフってやりがちだし。エディットするものじゃなくて固めるものなのでボリュームが欲しかった。

icon detail
icon detail

また、相変わらず相当拡大させないとわからないところでアレですが、輪ゴムの質感は結構気に入ってます。

CleanArchiver Original Icon
Dockに並べた感じ

サイズは最大1024px、16pxは今回別パース。あとウィンドウの背景画像も差し替え版が同梱されています。背景画像はpdfなのでHiDPI対応、ただし差し替える際は元のPNGデータに上書きはされないので、それは名前を変えるなり外に出すなりしてどっかに避けてください。まぁ、その辺はREADMEを。

いつも通りdeviantArtで公開してます。アイコンのダウンロードはこちらから。

ちなみに現在CleanArchiverのサイトのトップページからダウンロードできるv2.3.1はLionだとうまいこと動かないので 10.7以上の人は Downloads ページにある 3.0α6 を使うと良い。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。