ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

Pixelmator 2.0

Pixelmator
App Store
Pixelmator 2.0

私の溺愛する画像編集ソフト Pixelmatorの初のメジャーアップデート、Pixelmator 2.0がついにやってきた! 今年の夏にリリースという当初のアナウンスからはだいぶずれ込んだが、ともあれ、ついに出た。

Pixelmatorはその1.0が出る前のテイザーサイトの頃から注目していたソフトウェアで、またあの憎きAdobeのPhotoshopを窓から投げすてさせてくれたソフトウェアである。CotEditorおよびIllustratorとともに私が最も愛情を注いでいる。ここをみればわかるとは思うが、当サイトもこの3ソフトにPanic社のFTPクライアントであるTransmitをを加えた4つのツールのみで成り立っている。

簡単に言うと、PixelmatorはPhotoshopやGimpのような、更に言うとWindowsのペイントのような、画像を編集するソフトである。写真のレタッチをしたりお絵描きをしたり、またをキャプチャした画像をちゃちゃっとトリミングしてリサイズしたりなんかするのに使うやつである。一番の対抗馬はおそらくAdobeのPhotoshop Elementsであると思うが、いやいやそれよりもずっと優れている。


まずこのソフト、とにかくソフトウェアの設計がMac用ソフトらしくて良い。Mac OS Xと調和した美しいインターフェイス、Macのソフトもハードもしゃぶり尽くすその機能、配信は当然のようにAppStore経由。もちろんMac OSのためだけに作られている。

Pixelmator 1.0がリリースされた当初はOSレベルのGPUを使った、"軽量な" グラフィックツールという触れ込みだったが、いまでは本当にMac界を代表する実力派画像編集ソフトとなっている。もちろんそのかわり最初の頃にくらべると起動スピードなども落ちてはいるのだが、それにしてもAdobe群と比べれば依然高速起動で動作もサクサクである。

Pixelmator 2.0 Screen Shot
Pixelmator 2.0のスクリーンショット
Pixelmator Tool Pallet
新しい
ツールパレット

今回の2.0の詳しい紹介は公式サイトにゆずるが、Lion対応はもちろん、スポンジ・ツールやヒーリング・ツールなど、写真編集の実用的ツールが2.0は充実している。またPixelmatorは基本的にはラスター画像編集ツールではあるが、ドローツールも追加されベジエ曲線が扱えるようになった。OSレベルの機能を使った高速で心地よいフィルター群も相変わらずの品質だ。使い始めてすぐ気付くのは今回からメイン画面上に統合されたモードツールと情報バーである。このインターフェイスはiWorks系ソフトを彷彿とさせ、コンパクトである。

また以前から美しかった、パネルやボタンなどの細かいパーツまでもよりブラッシュアップされており端正さに磨きがかかっている。この細かい配慮もうれしい。Macソフトが美しくあるべきなのは当然である。ブラックで統一されたUIは編集する画像本体の邪魔をせずにかつ視界を引き締めてくれる。この辺りもAdobeソフトウェアとは雲泥の差である。アプリケーションアイコンもひっそりとLionからの1024x1024サイズが追加されている。

Pixelmator Color Picker
OS標準のカラーピッカー

さらに、細かいことなのだが、カラーピッカーがOS標準のモノであることを私は非常に評価したい。他のMacソフトを使っているときに作ったパレットを使い回せるし、なにより操作が慣れているので一目瞭然である。大したことじゃないかと思われるかもしれないが、画像編集なんて色を扱かってなんぼなのでこれはとても助かる。ストレスなく使える。またフォントパネルもOS標準のモノである。これらのツールをPixelmator側が独自のインターフェイスで用意していないのは手落ちではなく、ユーザの体験を十分考えたデザインなのだ。

これだけの機能をもちながらも十分安価なのも素晴らしい。現在2,600円である。正直信じがたい。昔、Macのライトユーザに薦められるエントリー画像編集ソフトがないと嘆いていたのだがこれなら自信を持って薦められる。この価格を前に、GimpなどのUnix系フリーソフトに走るのは時間を神経を無駄にしているし、Adobe Photoshop Elementsを購入するのはお金をドブに捨ていているようなものだ。そしてこれはエントリー以上である。

ということで、現在Pixelmatorの1.xを使っている人にアップグレードを薦めるのはもちろん、Macを使っていてPixelmatorを持っていないのは正直意味がわからないので今すぐ購入すべきである。

そこまで大胆に薦められる理由がこのソフトにはある。Pixelmatorは、いまや10年目になるMac OS Xの歴史の中に舞い降りた奇跡である。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。