ヴォルフロッシュ

2011年>10月

独自エンジンで動いてるいわゆるブログ

RSS

Pixelmator 2.0

Pixelmator
App Store
Pixelmator 2.0

私の溺愛する画像編集ソフト Pixelmatorの初のメジャーアップデート、Pixelmator 2.0がついにやってきた! 今年の夏にリリースという当初のアナウンスからはだいぶずれ込んだが、ともあれ、ついに出た。

Pixelmatorはその1.0が出る前のテイザーサイトの頃から注目していたソフトウェアで、またあの憎きAdobeのPhotoshopを窓から投げすてさせてくれたソフトウェアである。CotEditorおよびIllustratorとともに私が最も愛情を注いでいる。ここをみればわかるとは思うが、当サイトもこの3ソフトにPanic社のFTPクライアントであるTransmitをを加えた4つのツールのみで成り立っている。

簡単に言うと、PixelmatorはPhotoshopやGimpのような、更に言うとWindowsのペイントのような、画像を編集するソフトである。写真のレタッチをしたりお絵描きをしたり、またをキャプチャした画像をちゃちゃっとトリミングしてリサイズしたりなんかするのに使うやつである。一番の対抗馬はおそらくAdobeのPhotoshop Elementsであると思うが、いやいやそれよりもずっと優れている。

read more

ミニ・ソーシャル・アイコン

本アイコンセットの最新版はミニ・ソーシャル・アイコン -Worksにあります。

[preview]
54 pieces of social icons

小さいアイコンはかわいい。

ということで小さいアイコン配布第3段。いわゆるソーシャル・サービス系のミニアイコンです。web素材的な。

いや、なんてことないんだけど、こういうのってフォーマット揃えたいじゃん? 並べたときに各社バラバラだとなんか落ち着かない。だから揃えられるように沢山作ってみました。自分のプロフィール・ページとかブログのソーシャル・ブックマークに使えそうなのを欧米系サービス・国内サービス取り混ぜて42 54個。

read more

BookpediaほかPediasシリーズ用カスタムソースアイコン

Bookpedia Icon
App Store
Bookpedia

Bookpediaという蔵書管理ソフトのためのカスタム画像データを作りました。

Mac用の蔵書管理ソフトというとこのBookpedia以外にもDelicious Library App Store, Books, Booxter App Store辺りが有名ですが、色々使ってみた結果、今ではこのBookpediaに落ち着いています。このBookpediaについて書きたいことは色々あるのですが、今日はそれをすっ飛ばして、単純に自作の紹介。

このBookpedia、ソフトウェアの機能自体は素晴らしいのですが見た目がイマイチ垢抜けない。とはいえDelicious Libraryみたいにコテコテなのも私はあまり好きじゃないので、そっけなさは丁度良いのですが、画像パーツがどうも甘いのが気になっておりました。もー少しピシッしてたらなぁと思ってはいたのですが、そういえばカスタム機能があるじゃないのさ、といそいそ作ってみたのが今回の。Bookpediaはルックスが非常に弄りやすい設計になってます。

[preview: original source list]  →  [preview: customized source list]
Bookpediaのサイドバー (カスタマイズ前 → 後)

今回作ったのはサイドバーに並ぶソースアイコン用の画像です。デフォルトのこのソースアイコンがことよく分からなくて、そもそもスマート・コレクション用のアイコンが紫じゃなくて何故かエメラルドグリーンだし、アイコン毎になんかテイストやサイズも違うし。wolfrosch版はその辺のテイストを揃えて、も少しコッテリしたリッチな感じに仕上げました。

read more

iTunes/App Storeボタン

[preview]
iTunes/App Store buttons

さっきヴォルフロ用にiTunes StoreとApp Storeのボタン画像を作ったのですが、汎用性が高いので自由に使えるように配布することにしました。

[iTunes]
by Linkmaker

ITMS Link Makerで提供されるリンクボタンってなんかイマイチなんだよね。たまに勝手にデザイン変わっちゃうし。ってことで作った。

まぁ、大したものでもないのですが、Public Domainにしちゃうので適当に使って下さい。Blogのプラグインに組み込んで配布するとかでもいいですよ。高さが低いので文章中に使っても違和感がないと思います(そのときはimgvertical-align:text-bottomを付けるといいかもね)

うちのサイト内では、例えばこんな感じで使ってます。

最近はCSS3で描画してるのでこのサイト内ではこの画像はもう使っていません。