ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

武川 雅寛

DRIVE TO 2010でムーンライダーズを見て以来、にわかに武川 雅寛ことくじらさんにハマってる。なんかYouTubeでライダーズの映像とか見ててもくじらさんばっか目におってるのだ。

そもそもムーンライダーズに関してはファンというより「知ってるしけっこう聞くよ」くらいなもんで、DRIVE TOに行った時点では見て誰だかわかるのは鈴木慶一くらいのもんだったのに。

いやさぁ、そしたらライヴが思いのほかステキだったもんだから「ムーンライダーズやべぇ」てなもんでその後YouTubeだの、なんだのを漁ってたのさ。で、俄然気になってくるのがくじらさん。というよりもうDRIVE TOのステージの時点から気になってた。だってルックスが変。胡散くさいあの髪型。だっておっさんであの長さの髪の人って大概胡散くさいじゃない。で、いちおうロックバンドの中でバイオリンやらトランペットやらクラシック系の楽器。まぁこれくらいならある話だけど、バイオリン弾きながら同時にコーラスやったり忙しそう。「なにこの人?」てのが第一印象でした。

でもこういうパターンって危ないのよね。その後も気になっ色々見てたらそのうち好きになっちゃったっていう…(笑。もうね、かっこいい。バイオリン弾きながらコーラスやんのが特にステキ。いかんせん小器用に色々できる人に弱い。片手にバイオリン、片手にトランペットとかも。やばい。変なことやろうとして結果変に忙しいのっていい(ことぶきのキーボードとか

コーラスも弱いんだよね、けっこう。コーラスって裏声だの低音だの、普通の歌声とか地声とはまた全然違う声を出すじゃない。あれに何故だか弱い。ほんと何故だかだと思うけどあれ萌える。

もうルックスとかぜんっぜん好みじゃないのに見た目もかっこいい。我ながら私に搭載せれてるイケメン補正フィルターは高性能過ぎる。あの胡散くさい髪型ね、過去にはさっぱりした短髪の時期もあるんだけど、いやいや長髪の方が俄然魅力的。

いやー、くじらさんステキー、っていう、ただの萌えばなし。

最近の一番オススメ映像はこの「幸せな野獣」だ。今書いたようなくじらさんのステキエッセンスがだいたい全部詰まってる。肝心の髪は短いけど。

髪長いのはこの辺。

# ちなみに、全然関係ないけどこの記事ほとんどiPhone上で書いた。結構いけるかも。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。