ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

DRIVE TO 2010 -FILMS

DRIVE TO 2010

DRIVE TO 2010、自分的2日目。

今日のイベントタイトルは「手塚眞プレゼンツ」(data)。出演は、

今日も全部初見のバンド。目当てはFILMS。


開場後に行ったけど、結構空いてて会場内をうろうろする。開演直前にステージの方に行ったがそれでも前から2列目だった。今日もムーンライダーズの日に引き続きオーガナイザーはサエキけんぞう。そうそう、バンド間の小休憩時に前面スクリーンに手塚眞映像担当のPVとかが流れてたんだけど、パール兄弟のPVでコッテコテのニューロマ系メイクをした若かりしサエキけんぞうが出てて笑った。「気持ち悪い!」って野次が飛んでた。「TOYVOX」だったかな、嫌いじゃないよ、こーゆーの。

さて、最初の2グループは両方よー知らんバンドなので軽く触れつつさっさとFILMSにいこう。

トンチ

スティールパンって楽器を演奏しながら歌う女性ソロ。全く知らない人でした。歌の途中でスティールパン用マイクに向かってやるヴォイスっぽいのが結構良かった。あとカオスパッドっぽいのを足で操作しながら歌って踊ってるのが器用だなぁと思った。スティールパンは打楽器っぽいのにいろんな音が出て不思議(打楽器なのにってのは変か。ピアノだって打楽器なんだし)。ちょっと電子音っぽくもあって面白い楽器。

dip in the pool

dip in the pool, としては最後のライヴらしいです。これも名前くらいしか知らなかった人たち。元モデルさんのヴォーカル(女性)とキーボード1人。キーボードの人は途中から出てきて、前半はそのヴォーカルのみでのアクトだった。細すぎでびびった。歌はうまいんだろうけどシャレオツな感じ。好みではない。

前のトンチもそうだけど、基本的に私は女性ヴォーカル苦手なんだと思う。好きな人もたまに入るんだけど。

FILMS

でFILMS。やっぱ、このくらいになると混んでくる。FILMSは発表アルバムが1枚だけなので予備知識があんまいらなそうなのがよい。赤城忠治 (Vo.), 中原信雄 (Bass), らオリジナルメンバーと、サポートプレイヤーとしてパール兄弟の窪田晴男とSOFT BALETTの森岡賢。

窪田晴男ってパール兄弟の頃の若いイメージしかなかったんだけど、普通にオッサンでちょっと驚いた。そりゃそうだな、あの頃のサエキけんぞうがあーなるんだから、パル男だって老けるわな。窪田晴男がこんなに赤城氏と仲よいとは知らなかった。

で、対して森賢は美しすぎる。ゲストだからかジャケットでかっちり決めて服装はシックだったけどメイクはしっかりしてるし、仕草は相変わらずだし。そのルックスで1人だけ終始浮いてた。ステキだ森賢。他のメンバーよりかはひとまわり若いってのもあるだろうけど。現在42歳のよう、美人盛りだ。いやがおうにも目を引く。森賢は目が好きです。すげーぱっちりした独特の感じだよね。やけに礼儀正しい感じも好きだなぁ。この日のチケット取った時点では森賢がサポートで入るとは知らなかったから森賢生で見れてとてもうれしい。演奏もかっちり決めてた。ステキステキ。

→ amazon:CD「MISPRINT」/FILMS
『MISPRINT』

曲目は基本『MISPRINT』からで、数曲が未収録曲だの当時の赤城さんのかんでた曲。演奏はオリジナルの『MISPRINT』にかなり忠実な感じだった。

そしてこのステージでFILMSのライヴ10回目らしい。30年で10回ってw

ベースの中原信雄はYAPOOSのDVDとかで見てたからFILMSで見られるのが楽しみだった人。まず笑った(?)のが、見た目がYAPOOSのライヴとかの頃と全く一緒だったこと。同じコートなの?それ(いや実際の服装は多分違うが)。顔も、帽子取ったら流石にその頃よりかは老けてはいたけど雰囲気は全く変わらず。そして、何よりびっくりしたのが、とにかく中原さんのベース弾く姿がかっこいい。わりとけだるそうに弾いてて、演奏中壁に寄っかかったまんま、赤城氏のMCのときはだいたい壁にもたれたまましゃがんじゃうし、あまつさえ1曲はずっとしゃがんだまま弾いてた。で、まずこの弾き方がかっこいい。けど常に寄っかかってるわけではなく、アップテンポの曲なんかになるとおもむろに壁から背を離し身体でリズムを取りながらもくもくとベースを弾き出す。でこれもまたかっこいい。両方かっこいい。この「だるい→やるか」みたいなこの切り替わりの瞬間がワクワクする。のでもう常にかっこいい。ヤバい。板尾っぽいルックス(ぉ)もステキに見えてくる。もともとベーシストに弱いしなぁ。

てことでFILMSのステージは、森賢と中原さんに釘付けだった。赤城さんゴメンねてくらいメインの赤城忠治は半分くらいしか見てなくて、ずっとこの2人を交互くらいで見てた。

あとドラムが良かったなー。なんだろトリッキーな感じで。良いドラム。

赤城忠治は見た目年相応なのに、声が透き通ってて、そのギャップが奇妙だった。「T.V. Phone Age」(好き)のサビで television phone♪ の間に入る It's so funny とかも忠実な感じでやってたのがうれしかった。この声は武器だよなぁ。MCが多くオーディエンスも古参っぽい人が多かったからなんだかなごやかでゆるい空気が。

30世紀の未来感は存分に味わった。たしかにアトムの世界だなぁ。良いステージでした。さすが幻のバンドとか持ち上げられてるだけあって曲いいんだよなぁ。今年再販された『MISPRINT』はボーナストラックが何曲か入ってるみたい。ちょっと欲しい。

と、FILMSの当時の動画見つけたから貼っとく。なんか途中からだけど。

他に行きたいライヴがいくつかあるのを行き過ぎだからという理由で今自重してる状態なので、今日のは行く前正直「この日チケとる必要なかったかなとか」思ってたんだけど、結構楽しかった。レア度は高いし、行っといて正解でした。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。