ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

CD『Sine Wave Orchestra』/FLOPPY

→ amazon:CD『Sine Wave Orchestra』/FLOPPY

まさかのヴィジュアル系テクノ

某サイトでオススメされていたので買ってみた。レコ評読むかぎり私が好きそうだったし、YouTubeに上がってたのを聴いて興味がわいた。

FLOPPYってユニットのアルバム。コテコテのヴィジュアル系のルックスで正統派テクノポップを奏でる。その発想はなかった、と言った感じ。小林写楽・戸田宏武という共にビジュアル系バンドのメンバー2人が作ったテクノユニットらしい。音は素晴らしいほどの電子音ゴロゴロの正統派テクノポップで確かに解凍P好きとかにはたまらないかも。

ボーカルはちょっとへにゃっとした声なので好みが分かれるところかもしれないが、音とも合ってて気取りすぎず、なかなかいいんじゃないかと思う。そういえばことぶきもへにゃへにゃだよなぁとか。

で、彼らの良いところは、音はテクノで、でかつちゃんとポップなのです。テクノの力強さとポップの無邪気さが両立してる。カッコつけたりオシャレぶろうとしてないのがいい。純粋にテクノが好きなんだろうなぁ。

どの曲も秀逸なのだが、M9「いつか時が流れて」なんかはテクノの音に乗ってるがメロディー・歌詞は完璧フォークである。いや、演歌か? ビジュアル系・テクノポップ・フォークの融合。素晴らしすぎる。てかサイバーファッションみたいなのもあるんだし、もっとテクノポップとこういうのって近くていいと思うんだけど。

CDコンプしたいと思わせる久しぶりの現在進行形ミュージシャン。てか今度ライブあったら行こうかなぁとか、そういうレベル。

参考サイト

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。