ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

AppleCare Protection Plan

→ amazon:Apple AppleCare Protection Plan for MacBook/iBook

実は(実はってほどのことでもないが)この1週間メインのMacBookを修理に出していた。

なんだかここ1,2ヶ月DVDプレイヤーかドライバの調子が悪くて。DVDプレイヤーを立ち上げると1/5くらいの確率でカーネルパニックが起こる。これはなかなか困る問題だ。毎回じゃないので強制再起動とかすればDVD自体は見られるんだけど、どう考えてもおかしいし、こんなのを毎回使ってたらそのうち他のデータも巻き込まれそう。

なかなか出しにいけなかったんだけど、4月が本格的に始まってからじゃMac手放せないので今のうちにと思い修理に出した。

ひとまずはApple Store ShibuyaのGenius Barに持って行ったらそのまま入院行き。「どのくらいかかりそうっすかねぇ?」と聞いたらGeniusの人はドライブの在庫はあるから特に問題なければ1日2日で戻ってくるん大丈夫ですよ、みたいなこと言ったから、そりゃ早いなと思いきや、実際には1週間以上かかった。

これはイタイ。早めにと思って修理に出したのに。

MacBookがいない間はその前に使っててPowerBook 12"を持ち出して使ってたんだけど、さすがに古い。というかPowerPC遅い。IntelMacてやっぱり速かったんだね。

バックアップはTimeMachineでとってあるからいいやと思ったら、意外と他のコンピュータからはデータ取り出せないのね。コンピュータは違えどユーザアカウントとかは一緒なのに。で、これで、まったく作業がストップしてしまった。

まぁともかく、今日そのMacBookが帰ってきました。結局ロジックボード総取っ替えだったみたい。

そもそも1年の保証期間内だったし今回はAppleCare(Apple純正の3年間延長保証)に入ってたのであんまり気にしてなかったんだけど、修理帰ってきた領収証に修理費用が書いてあって、それが91,800円だった。9万円とか、ねぇよ。もう1台買えそうな勢い。

内訳はロジックボードが76,000円で作業費が15,800円。要はロジックボードが高い。まぁ、コンピュータの主な中身だもんなぁ。

今回は1年保証以内だから良いけど、Audio-Technicaのヘッドホンといいマジ延長保証とか大事だと思った。

しかも、量販店が独自にやってるもっと安い保証とかもあるけど、都心に住んでるならAppleCareのが結局良いと思う今日この頃。Apple Storeに聞きにいって、そのまま入院させられるのが良い。よけいな手間いらず。1日でもメインコンピュータがいなくなるのはイタイので仲介通してる場合じゃない。まぁそういう理由なのでApple Storeが近くにない場合は大してメリットないかもしれんが。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。