ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

Nucleus CMS

最近、私の管理してる別サイトのリニューアルをやっているのだが、そのサイトのコアシステムをNucleus CMSに任せることにした。今まで自作の怪しいPHPで済ませてたので、初めての既成CMSでのサイト構築(一応最近はWordPressなんかも使ってはいるのだが、それはいわゆるただのblogでほとんどデフォルトのままで使っているので触ったとは言えない状態)

最初は発狂するかと思った。意味が分からない。インストールは簡単。アカウントの管理も新しくblogを立てるのもネットでplugin探して追加するのも難しいことではない。だが実際 "webサイト" を組もうと思うと、とたんに話が複雑になる。設定するファイルもあっちこっちに散らばってるし、普通にはいじれないようになってる部分もあったりする。テンプレートやスキンにif文や変数を使って対応できることがあるかと思えば、blogの設定画面や個々のplugin側で設定しなくちゃいけないこともある。普通のスキン/テンプレートに乗らない例外ページを作るのは楽じゃないし、(見た目のURLの)ディレクトリ構造やファイル名の設定も思い通りにはなかなかできない。

今はちょっと分かってきて、テンプレートとスキンの関係とか、pluginでできる限界とか見当がつくんだけど、それでも簡単なことを実現するだけのために多大な労力を必要とする。で、実際それっぽいplugin見つけられたとしても、結局細かい所は好きなようにできなかったり。

まぁ、もともとblogシステムであろうものでサイトを組んでるので、少々の無理は承知なのだが、でもそれでもCMSと名乗るからには簡単にサイトも作れて欲しい。Nucleusは裸の状態からpluginでどんどん機能を足していくっていう基本コンセプトは分かってて採用したので、ちょっとした機能を足すのにすぐpluginがいるってこと自体にはあまり不満はない。ただカスタマイズの過程が複雑すぎる。「思ったより自由度がない」ってのがより正しい表現かもしれない。

で、こうなってくると、いかに自分で作ったこのヴォルフロのCMS (?) が使いやすいかが分かってくる。なんかこのヴォルフロのシステムも要は一般的な既成のCMSと一緒なんだなぁとか。やってることは一緒。ブラウザから操作できるインターフェイスが付いてるか付いてないかぐらいで。

もちろん自分で自分のために作ったから、そりゃ自分の分かりやすいように作ってあるんだけど。もう、かゆい所に手が届く。ちょっとしたことがやりたいだけのときとか。パンくずリストとかカテゴリ別のアイテム数とか、そんなちょっとしたことのためにplaginとか入れなくていい。plaginというかファイル足すとか。そんなものはコード数行加えるだけだとか変数が1,2個増えるだけだとか、そんなもん。そんな難しい話じゃない。設定も表示位置もファイル名もディレクトリ構造もページ毎のレイアウトも自由自在。

そのヴォルフロのCMSとほぼ同じものというかそのプロトタイプで、今Nucleusに移行中の件のサイトも実は組んであったんです。じゃあ、なんでそんな便利なCMSを手放すかというと、結局私には便利なんだけど、他の人が触れないんだよね。私自身はHTMLもCSSもPHPも分かってるし、そのシステムの変数も関数も構造も知ってるし、FTP Clientも使い慣れたのがあるからいいんだけど、他の人はそうじゃない。つまりそのサイトには私以外に手を入れたがってる人がいる。もしくは将来的には他の人にそのサイトの管理を継承しないといけない。そうなってくると、こんなキモイ独自CMSのソースコードとか見せられて説明されても困るわけよ。結局誰も触れなくなって破綻するのが目に見えてる。かといって今の自作CMSにブラウザから管理できるインターフェイス加える気力はないし、そんなことしたとしても一時しのぎにしかならない。となると、既成のCMSっていう選択肢になっていくんです。マニュアルも解説サイトも沢山あるし。

正直ね、こういう既成のCMSとか使ってる人はネット周りとかサイト作りがあんまり得意じゃない人かと思ったりしてたわけよ、若干。もしくは、webサイトを構築すること自体に関しては楽したい人とか。手を抜きたい人とか。マジごめん。マジむずい。尊敬する。

でもNucleusは良くできてると思うけどね。最初は素っ裸なのがいい。使わない機能がゴテゴテ付いてるのは好きじゃないんで。日本語のコミュニティも発達してるし、なんだかんだで最低限のことは初めての人でも簡単にできる。

ヴォルフロが既成のCMSみたいなシステムに移行することは当分ないと思うので、そういう意味ではこういう既成のものも触れるというのはこれはこれで良い機会かもしれない。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。