ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

RICOH Caplio GX100 -2

→ amazon:RICOH Caplio GX100 VF KIT

カメラ届いた。

カワユスカワユス。

レンズキャップ開いてるとそれっぽいけど、レンズキャップ閉めちゃうと正面顔は意外とオモチャっぽいところとかカワユス。

サイズも思ったより小さいし、前のIXYに比べりゃそりゃデカいけど、これなら十分街歩きに持ち歩けます。

ひとまずは色々いじくり回す。

設定が色々変えられるのも楽しいけど、そういった設定変更にアクセスしやすいのが良い。フラッシュ切りっぱなしなのは当然として、露出とかISO感度とかホワイトバランスとか。これならちょくちょく弄る気になれそう。モードにオリジナルモードが2種類登録できるんだけど、ひとまずその1つをアスペクト比1:1にしてみた。正直、こんなの後からコンピュータで編集すりゃ良いじゃんって感じなんだけど、まぁ撮るときにどこまでが入るのかが分かるのは便利だろう。1:1はArchitecture用。

予想外で驚いたのは、スイッチを入れた時のレンズが持ち上がる音が静かなこと。ちゃっちいコンデジばっかり見てたせいかもしれないが、同じRICOHの他のCaplioと比べてもこれは静か。いいです。好感。

でっぱったVF(ビューファインダー)はGX100のウリの一つらしいが、確実に邪魔なので付けてません。見た目は付いてる方がGX100らしくなるけどね。液晶画面の方が情報量も多いし。

ケースはひとまず3rdパーティが出したちゃっちい無難そうなヤツ。純正もちょっと魅かれるけど、ケースに5,000円は流石に高い。VF付けないし。ただ、間に合わせで買ったのは見た目がイマイチだし換えバッテリーも入らないんで、もっといいのがあったら乗り換えるつもり。予備バッテリー持ち歩かないんだったらまぁまぁ悪くはないんだけどね。

ストラップは片側吊るしのネックストラップ買いました。無難に。あんまりゴツいとカバンに入れとく時も邪魔だし。GX100って書いてあるストラップがRICOHから出たら考えるけど。

まだ屋外でちゃんと撮ってないんで画の感想はいえませんが、広角、楽しみだなぁ。

ひとまず国内で2回連れ歩いて(白川郷とぐりんぐりん)、その後ドイツに持ってきます。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。