ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

RICOH Caplio GX100

→ amazon:RICOH Caplio GX100 VF KIT

買ってしまった……。

というのも、先日、それまで使っていたIXY DIGITAL 60を壊しまして。壊したというか、液晶が割れちゃって。なのでまだ本体はカメラとしては使えなくはないのですが、流石に液晶がないと不便。一応ファインダーはあるんだけど、設定画面とかヒストグラムとかは液晶画面に出るんで。で、修理価格を見積もってもらったんだけど、その額が1万4000円。純粋に液晶部分の交換だけで。案の定保証も効かないし(延長保証付けたのに…)

修理で1万4000円払うくらいなら新品の新しいIXY買った方がいいよと思い、新しいIXYを物色し始めたのが約3週間前。気付いたら購入候補カメラはCanon IXYではなくRICOHのGX100になってた。あれ?

この値段になると1万4000円の修理費の代替にはならないんじゃないかという気がするのだが、でも一度見つけちゃうとやっぱりIXYよりこっちの方がいい。どっちにしろ液晶の壊れたカメラをメインとして使う気はないし、どうせ買うなら良いカメラの方がいいし。

なんといっても広角ということで。24mm。広角となると結局選択肢はRICOHになるのね。いままで使ってたIXY DIGITALは35mmだったので、広角っぷりが実感できそう。ワイコン付けると19mmまでいけるそうだが、さすがにゴツいのでそれは保留。あんまり歪んでるのもアレだし。

GR DIGITALとも迷ったんだけど、手ぶれ補正と広角でこっちにした。自分の用途として、外で三脚立てずに街とか建物とか風景を撮ることが多いので。GR DIGITALの色再現度とゆがみの少なさは魅力ではあるのだが。GX100はレンズキャップ式なのもちょっと気になるか。まぁ、概ね新しいモノの方がなにかといいだろう。手ぶれ補正と広角は変えがたい。

IXYはもう辞めた。IXY200a, IXY60と使ってきたがここで打ち止め。今は色んな種類の良いデジカメが出てて昔みたいな特別感はないし、見た目も格段に悪くなった。昔はカッコ良かったのになぁ、IXY。憧れるデジカメだった。IXYの色自体は派手で好きなんだけど。人撮らないから最近の顔認識なんとかとかそういうのはいらない。IXY60で特別落としたりしてないのに液晶が2回も(そう、2回目なんです)割れたのもちょっと……。

今後の使い方としては、普段のカバンには常に液晶の壊れたIXY DIGITALを突っ込んどいて、旅行とか確実に写真をガツガツ撮るときにはこのGX100を持っていこう。

自分の写真ログを見ても、結局普段思い立って写真を撮ることはあまりない。逆に旅行とか写真撮る目的で出かけた時は1日300枚くらい撮る(アホか)。なので大事なのは "写真を撮る日" によいカメラで撮れることと、普段にシャッターチャンスにカメラがないという事態をなくすことだ。かといって写真を撮るためだけに出かけることはあまりないので、一眼レフはいらない。高いし、邪魔だし。

結局液晶を壊した原因は普段からカバンに入れっぱなしにしてたことだろう。残念ながら私の機械の扱いは荒いのであっちこっち引っぱり回してすぐ壊してしまう。しょっちゅう色んな機械を修理に出してる気がする。デジカメに電子辞書にイアホンにMac本体に。これはもうしょうがない。こういう気質なんだ。直す気はない。なのでできるのは、GX100を丁寧に取り扱うことではなくGX100を普段からそういった危険な目にあわせないことだ。

オンラインショップで買ったので到着はまだ。楽しみ。今回はさすがにそれなりの値段なので安いとこで買いたかった。

家具も買い替えたし、最近散財しすぎだ。まずい。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。