ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

DVD『extra vergine clip』/ことぶき光

→ amazon:DVD『extra vergine clip』/ことぶき光

ことぶき光のソロライブを収録したDVD。ソロといってもソロアルバムを下敷きとしたライブで、ライブ自体は大所帯のバンドで演奏をしている。

ヤフオクで入手。さっそくモリモリことぶきモノを集め始めました。収録裏側みたいなオマケDVD付き。

とってもガチャガチャした音。P-MODELの理論的さとは対極に位置するような。それぞれの演奏者が無秩序に音を鳴らすなか、ことぶきが彼もまた自分のキーボードを引きつつもまるでクラシックの指揮者のように振る舞う。

P-MODELのそれを求めちゃうとこのDVDはとても裏切られる結果となるのだが、このライブのエネルギーは素晴らしいし、逆にこれが本来のことぶき光な気もする。

インディーズらしくDVDの映像編集は全部ことぶきがやってるらしいが、いかにも個人が編集した感のある荒い編集が笑える。身内感が。そう、私の後輩とかが編集した映像みたい。

ライブの映像(ライブ自体もそうだけど)の気持ちよさって、視覚的に見える風景(演奏者のアクションとかスクリーンの映像とか)と出てる音のシンクロだと思うんだけど、このDVDはそれが無視されてる。色んな所で行われた数回のライブの映像を混ぜて編集していて、なのでスピーカーから出てる音と、見てる映像の中で演奏者が押したキーボードのタイミングがあってない。なんかカフェとかでライブ映像やPVとBGMが別々のが流れてることがあるじゃない? そんな感じ。そのズレというか不協和感が若干のフラストレーションを生むし、逆にそれだからこそそういった心地よさが排除された上のステージ上のカオティックなLiveのエネルギーが伝わってくるとも言える。

ことぶきらしい。

視覚的なことぶき光。目のイっちゃてる度は解凍P-MODELの頃の方が高かった気がする。そりゃもちろん目つきがおかしければいいってもんじゃないけど。あれは非常に魅力なので残念というか、あぁP-MODELのことぶきとは違うんだなぁというか。人を小馬鹿にしたような目つきが見られなかった。髪も茶色いし。

とはいえ、大人しくしているかといえばそうではなく、さらにトランス度は上がってる。キーボードの上をゴロゴロしたり、上に乗ったり、キーボードから落ちたり。ステキだ。神がかってる。

癖なんだろうけど、たまに髪の毛をわしゃわしゃやるのがかわいい。

おまけDVDは草餅の冒険(謎)が面白かった。

期待した100%そのとおりというわけではないけど、面白かった。カオス。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。