ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

CD『主義 -Ism:』/高見沢 俊彦

→ amazon:CD『主義 -Ism:』/高見沢 俊彦

なぜかここ数日『主義 -Ism:』を引っぱり出して聞いている。

いや、なぜかじゃなくて今年の夏に高見沢がソロアルバム出すとか言ってるのに引きずられてるからなんだろうけど。

『主義 -Ism:』は高見沢Vo.が苦手で普段あんまり聞くことはないんだけど、「2時間だけのHoneymoon」とか「Edge of The Moonlight」とか結構嫌いじゃない。

というより「2時間だけのHoneymoon」が名曲だと思う。メロディも歌詞も。特にメロ。歌謡曲的だけどそこが良い。歌がベタベタの高見沢Vo.なのがもったいない。他の歌手に歌わせたらかなり良いんじゃないかと思ってみたり。個人的には及川光博あたりに歌ってみて欲しいのだが。もしくはせめて高見沢がもっと丁寧に歌うか。この曲に関しては坂崎/桜井Vo.は合わないと思う。

高見沢はこういうドロドロした歌詞が得意だと思う。「殉愛」とか「COMPLEX BLUE」もそう。初期のALFEEの曲もそうだよね。

『Berlin Calling』はいまいちだったけど『主義 -Ism;』は面白い。BE∀T BOYSのアルバム2枚も面白かったなぁ。こう、他の血が入るといいよねぇ。せっかくなんだからもっとアレンジで遊んで欲しいけど。でも『ALFEE MEETS dance』辺りはなかったことにして欲しい。

今度の高見沢ソロは高見沢がどう料理されるか、結構楽しみにしています。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。