Blog

Published on

RSS

明和電機ライブ2007 "六本木メカトロニカ" -2

ちょwww、オルガンねぇwwwwww

ヲノさんはいませんでした orz.

いやね、まぁ、確かにいたらラッキーくらいには考えてましたけど。でもほら、ねぇ、期待したいじゃない。オルガン側に席とろうなんて開場入ったらそもそもオルガンがなかったという……。まぁ、キャパも240人だもんな。最近海外公演はずっとヲノさんいなかったみたいだし。

まぁいいやヲノさんは置いておこう。いなかった人のことを話してもしょうがない。

明和電機 六本木メカトロニカ、行ってきました。昼と夜の2回公演だったのですが、夜の方に行きました。席は真ん中の島ではなく、前から5列目程度の通路となり。結構良い席をキープできました。通路横は見通しが良いので好きです。片隣にしか他人がいないから、パーソナル・スペース的にも余裕が持てるし。

内容は、基本的にはメカトロニカを踏襲しつつ、メディア芸術祭向けにアレンジ、といった感じ。目立った違いは、ヲノさんがいなかったのと(しつこい)ビットマンがいたのと。

楽器は、ゲームボタンで作ったギターとベースが新しいかな? どっかでモノは見たけど、ライブで演奏してるのを見たのは初めてな気がする。ベースは演奏してる姿カッコイイけど、ギターはどうだろうね。というか、ボタンがカッコ悪い。白(というか透明というか)とかにすれば良かったのに。

前回のメカトロニカではなかったのでは、Yesの「Owner of Lonely Heart」を似非英語(?)でやってたのが面白かった。しかも音が結構ちゃんとロックだった。そのゲームボタンで操作するギターとベースなんだけど。メロディーラインはともかく、楽器は割とドカドカした曲だから明和に合ってるのかもね。明和のカバーと言えば歌謡曲かテクノばっかりだと思ってた。あとはラテンとか。

サバオ。サバオカワイイ。毎度のことだけど、よくあんなカワイイ声出せるなぁ。社長とサバオのトークはすごい好き。楽しそう。社長のサバオへの愛がひしひしと伝わってくる。

開場でも笑いが起きてたけど、照明が暗転したときのデカサバオの顔が怖い。目だけ光ってる。しかも、一度は顔に下からだけ照明が当たってて一段と恐くなってた。それを客席に指摘されて落ち込むデカサバオ。

あ、そうだそうだ、書き忘れそうになった。途中、楽器は全部自動演奏で「君はエプロン 僕はパンタロン」っていう明和の曲を社長がハンドマイクで歌ったんだけど、その途中社長が客席に曲に合わせて手を振ることを要求して、客席が手を振ってる様を見て「アルフィーみたいですね」って言ってた。ここでその単語を聞くとは思わなかった。

その「君はエプロン 僕はパンタロン」はしみったれたフォーク調の曲なんだけど、ALFEEのフォーク時代を踏まえて言ってるのかなぁ? たぶんそのマスゲームチックさを言ってるんだろうけど。もしくはそのポップな感じか。でもALFEEの曲で客席が手を振る曲はないぞ。ん、ないよな? うん、ないな。甘いな、社長。

明和電機、ステージを見ると面白いんだよなぁ。しかも誰か連れてきたくなる感じ。今回ももっと真面目に誰か誘えば良かった。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。