ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

DVD『25th Summer YOKOHAMA STAR-SHIP』/THE ALFEE

→ amazon:DVD『25th Summer 2006 YOKOHAAMA STAR-SHIP -Only One Night』/THE ALFEE

uniさんのところで夏イベDVDが26%OFF(楽天で、でもこのリンクはamazon/ぉ)だと知って注文してみた。

せっかく久しぶりに行った夏イベだったし、ステージも素直にカッコ良かったのでDVD欲しいなぁとは思っていた。ただ、ALFEEのライヴDVDの値段の高さには少々躊躇していたので良い機会だ。というわけで自分が行った1日目だけ(つかこんなの2枚組で売れよ

とは言ってもまだ全部通して見たわけではないのですが。

前半の黒チョコボ衣装がイカす。夏にステージで見たときにも思ったが、舞台映えのする衣装だ。つか高見沢は舞台映えのする人だ。TVで見るよりステージで見た方がずっとカッコいい。ステージの方が自分の庭だからってのもあるだろうけど。

一番の見所は「NEVER FADE」での高見沢イルージョンか(誤)。「I Love You」が入ってるのはテンションが上がるけど、もう少し丁寧に歌って欲しい。

あとはなにがなくとも私の愛するBE∀T BOYS。最近のALFEEのBE∀T BOYSに対する姿勢にはいささか疑問を禁じ得ないのですが、それでも出てくれると嬉しいものです。「誰よりもRedy Jane」→「H∀RTBRE∀K RONELY R∀IN」の流れがBE∀T BOYSらしい。高見沢もこういう歌い方ならいい声なのになぁ。BE∀T BOYSの鉄板曲「やさしい黄昏」もやってくれたし。あ、「夏のT∀W∀GOTO」も良かったなぁ。もうBE∀T BOYSならなんでもウマウマ。

その後すぐにALFEEのメンバー紹介に移るくだりはふざけるな!と思うが。衣装さえも変わってないしなぁ。

話は変わるが、ALFEEのステージングの魅力は大掛かりで完璧な照明だなと思ってる。あれだけ大掛かりなステージだと遠くの席の人はステージ上の人なんて大して見えなくなるわけだけど(幸い私は比較的良い席だった)、そんな席でこそよく見える、音楽にシンクロしたステージの色の展開自体が一つのパフォーマンスでショーのようになっている。デカいキャパと長いライヴ経験とお金をかけたステージならではだろう。

最後の花火の量の多さにも驚いた。前はこんなに多くなかった。

そういえば、今回の夏イベが夏イベ最後だっていう噂があるらしいが、そうなら最後に行けて良かった。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。