ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

MacWorld Expo 2007

iPhoneが本当に出た。噂通りのものが出ると少々つまらない気がしてしまうのはワガママだろうか。

とはいえ、欲しいか欲しくないかと聞かれたらもちろん欲しいわけで。ジョブズ聖下の息がかかってさえいれば何でも欲しいというのは信者の悲しい性だが、いやでも欲しい。

ハード的なデザインがアイヴっぽくないのだが、誰がやったのだろう? でもアイヴは噛んでるんだろうなぁ。あんまり色気がない様に思う。ただ、みんな正面、もしくは中身のインターフェイスにばっかり気を取られているが、後ろ姿は結構カッコイイ。白と黒の切り替えが大胆でcoolだ。後ろ姿美人か。

ソフトの方のデザインはというと、なんだかDashbord系(あんま好きじゃない)でガチャガチャしてて、私はどうもなぁと思ってしまう。そりゃDocomoとかの腐れインターフェイスに比べれば数百万倍マシだけど、うーん。触ってみたら印象変わるかなぁ。モード移動とかのアニメーションとかインターフェイスとしてのデザインは流石。

アジア圏での対応は2008年だそうだ。2008て。2007になったばっかりなのに。

希望的観測をすると、2008年のアジア対応は今回発表されたiPhoneの改良版と同時ではないかと。さすがに1年未満でそれはきついかもしれないが、1年おあづけを喰らうんだ、そのくらいの希望をもってもいいじゃない。

iPhoneは日本の携帯のニーズと食い違ってるんじゃないかという意見もありそうだが、私は日本の携帯の方向(ワンセグやらデコメールやら着うたやら)が嫌いなので、Appleについていきたい。

まぁでもこれで、私は自分の携帯をMotorolaに変える決心がついた。まったく、auはいつになったらヨーロッパで使えるようにするのだろう。

せいぜいアメリカの皆様にはiPhoneの人柱になって頂きましょう。我々日本人はiPhone 2Gから使わせて頂くよ。

つかむしろ、私はLeopardとiLife/iWork '07の方が心配なのですが……。遅れてません? ワタシ、LeopardとiLife/iWorkの発売とあわせてMacBook買おうと計画してるんですが、Leopardが出ないと買えないじゃないですか。来年度に持ち越しかなぁ? いつも1年で一番楽しみにしているイベントなんだけど。

最後に、"Apple Computer, Inc. → Apple Inc." について。

ついに来る時が来てしまったという感じ。1984年 Macintoshを作ったときから、ジョブズの目はそこを見据えていたでしょう。しかし、我らが愛するリンゴ農園はいつまで経っても真のPersonal Computer会社だと信じています。悪あがきですか? いいえ、ジョブズ聖下を信じているだけです。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。