ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

随意筋イングリッシュ

昨日の続きというかなんというか。

あの後またYouTubeをうろうろしてたら、ヲノ動画のコメントからSonore(音注意)アカウントを発見。Sonoreは親日な感じのフランスの音楽レーベル。ヲノ氏もここからCDを何枚か出している。で、そのSonoreアカウントのFavoritesに随意筋イングリッシュを発見。

随意筋イングリッシュ、正確にはZUIIKIN' ENGLISHは、90年代前半にフジテレビで放送されていた、筋肉を鍛えながら英語を学べるTV番組。何を言い出すんだと思われるだろうが、そうなのだ。

Kraftwerkの様な単調な電子音楽にのせて、3人の女性が体操をしながら英会話の練習をする。絵面だけなら亀仙人でも見てそうな雰囲気である。ただ、もっと淡々としている。英会話も、バリバリのカタカナ英語。しかも内容が黒い。凍り付く笑顔でひたすら踊る、しゃべる。音楽がまたいい。というか音楽がいい。番組の〆めのセリフはそれではまた来週元気な筋肉たちとお会いしましょうである。

執拗な反復、退屈な音楽、下手な英語、手術台の上でのミシンとこうもり傘の出会い。非のうちどころが無い。

半年程前に同じくYouTubeで随意筋イングリッシュ見つけ、「最高にcoolな番組がある」と友人AOKI Takamasaライヴに一緒に行った人)と興奮したものだ。

ちなみにSonoreがFavoriteに入れてたのは「三角筋でトラブル」の回。だよなぁ。これが一番だよなぁ。

なんていうか、つながってるな、と。っつーかやっぱこれすごいよなぁ。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。