ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

O'Reilly『HTML -kurz & gut』+『CSS -kurz & gut』

→ amazon:本『HTML -kurz & gut』/Oreilly → amazon:本『CSS -kurz & gut』/Oreilly

先日ドイツに行ったときに書店で見かけた本。要はオライリーが出してるHTMLとCSSのポケット・リファレンスなのだが、これがかなり良さそう。kurz & gut ってのはつまり short " good ってことです。小さくて薄い。サイズはA5変形くらいでしょうか? 100ページ強。

別にドイツ語スラスラ読めるわけでもないし、パラパラっと見ただけですが、印象としてはなかなか。ギュっとまとまってる印象。別にプレビュー画面とか入らないし、要素とか属性とか、それとそれに対する数行の説明さえ書いてあればいい。あとは必要なことが全部載ってて且つ嘘が書いてないかだよなぁ。オライリーってこと考えると期待していい気もするけど。

リファレンスで一番大事なのは正しいこと、必要な情報の取りこぼしがないこと。あたりまえだけど、これがなかなか無い。

W3Cの仕様に沿った、内容の正しいHTMLやCSSのポケットサイズのリファレンス本って日本語のはないんですよ。結構探してるんだけど。

→ amazon:本『詳解 HTML & XHTML & CSS辞典』 / 大藤 幹
大藤本

もちろん大藤幹氏の『詳解 HTML & XHTML & CSS辞典』が最強なのですが、いかんせんデカい。持ち歩く気にはならないし、机の横に置いておいても結構スペースを取る。

ちょっと調べるときはこういうリファレンス本で、じっくり見たいときは大藤幹氏の『詳解〜』、というのが理想か。いや、本当にkurz & gutシリーズが内容的にも良かったら、『詳解〜』読まなくなっちゃうかもなぁ。

Oreillyの本はその堅苦しい雰囲気とともにカバーデザインが好き。載ってる動物もちょっとその本の内容と関係あるのだったり(なかったり)

同じシリーズでPHPやらJavaScriptやらPerlやら色々あるみたい。日本語版も出ればいいのに。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。