Blog

Published on

RSS

平成17年度 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展

行ってきました、今年の文化庁メディア芸術祭

と言ってももっと後に行く予定だったのが急にスタート日にしか行けなくなったため予備知識なしで早足で回っただけなのですが……。シンポジウムとか行きたかったんだけどねぇ。

文化庁メディア芸術祭は大きく分けてエンターテイメント部門とアート部門に分かれる。アート部門はDigital Art Festivalで見たモノも多いが総じて面白い。

一方、エンターテイメント部門(マンガ・アニメ・ゲーム等)の選択には疑問が残る。とくにマンガ。毎年気に入らない。"芸術祭" の名にはふさわしくない作品ばかりだ。商業的に成功しただけに見えるモノが多い。もっといいのあるだろ。いや、商業的に成功するというのはもちろん "良い" ということのひとつのバロメータに違いないのだが、こういう場ではもっと新進気鋭のモノ、新しい表現を開拓したモノに送られてほしいという思いが私としては強い。特に表現としての新しさ、巧みさ。文化庁、ということで産業的な視点があるのかもしれない。

文化庁メディア芸術祭の方が(Digital Art Festivalに比べて)ガジェット系や先端技術に力を入れている印象がある。テクニカル好きには嬉しい。展示(演出)のレベルはDigital Art Festivalとトントンぐらいかな? メディア芸術祭の方が良いか。

本当にサクサクまわってしまったのであんまりじっくり見てない……。特に映像。「アニマ」はデジスタの方でも高評価だったけど、私的にはイマイチ。すごいと思うけどはたして大賞なのだろうか? nikeの「bukatsu」は面白かった。サクサク。

いやでも去年は行けなかったので満足です。パンフも手に入れたし。

そう、パンフ。一昨年行ったときは、アンケート答えたらパンフ無料で貰えたのに今年は普通に売ってました。まぁ別に500円だからいいんだけど、姿勢の違いがちょっと残念。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。