ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

Himmel und Erde

Himmel und Erdeといえば血液の詰められたソーセージを焼いたRhein地方のドイツ料理ですが、日本語に訳すと「天と大地」くらいなもんでしょうか。血のソーセージに火の通ったリンゴとドイツ料理定番のジャガイモが添えてある。非常においしくRheinの方に行ったらかならず食べる料理です。この調理したリンゴとソーセージの相性が絶品で、「あーもードイツ人はリンゴが大好きだ」くらいに思っていたのですが、何気なくネットで見てたらこのHimmel und Erdeというネーミング、ジャガイモが「大地のリンゴ」と呼ばれていたそうで、そこから天のリンゴと大地のリンゴ、ということでHimmel und Erde(天と大地)と付けられたらしい。

へー、……ってメインそっちかよ。血のソーセージの方が付け合わせだったという事実が判明(しかもその付け合わせも別に血のソーセージじゃなくてもいいらしい

またひとつ賢くなったよ。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。