ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

iWork '06 + iLife '06 - 3

iLife '06が届いた。

箱が小さい。噂には聞いていたから覚悟はしていたが、それにしても箱が小さい。いい傾向だとは思うが、どうせこのサイズで収まるならDVDとかのトールケースに入れてほしい。スーパージュエルケースだとなお良い。

で、iLife '06にiWork '06の体験版が入っていたので、実質iWork '06も手に入った。そんなわけでひとまずファースト・インプレッション。

iLife '06

iLife '06 Package
iLife '06

iWebはちょっと触ってみたけどすぐ閉じた。iWebには頑張ってほしい。RapidWeaverでもいいけど、この手のアプリケーションには頑張ってほしい。今はまだ全然RapidWeaverの方が上だな。というかRapidWeaverすごい。iWeb、テンプレはなんだかんだで「白」が一番カッコいいと思う。もっと気軽にテンプレ配布できるようにすればいいのに。2.0がんばれ。

[screen shot : フルスクリーン編集]
フルスクリーン編集画面 Zoom

そしてなにはなくともiPhotho 6。フルスクリーン編集マヂでカッコいいっす。Proアプリみたいっすよ。カッコいいだけじゃなくて使いやすい。ハッタリも効くし。写真の色味整えるだけのようなレタッチならもうPhotoshopなんていらない。これだけで十二分。iPhotoで整えてそっから直接DockのIllustratorアイコンにDrag & Dropですればいい。まさかiPhotoがこんな良いアプリケーションに成長するなんて思いもしなかった。Photocastingは気が向いたらそのうち使う。

iMovieはますます便利になってそうだけど最近自分自身は映像編集しないからなぁ。したらお世話になろう。最初にiMovieをつかったのは確かiMovie 3のころでしたが、あの頃から比べるとずいぶん良くなりました。

iDVDは今年使わなさそう。立ち上げたらいきなり音楽が鳴るのやめた方がいいと思う。

GarageBandは相変わらず未知の領域。なんかPodcastよりになってるように思えるのだが進化の方向としてこれは良いのだろうか? 便利そうだから私の周りの人とか使えばいいのに。

ってことでiLifeの一番の収穫はiPhotoのフルスクリーン編集でした。これだけで7,429円(アカデミック・プライス)でもいいや。

iWork '06

iWork '06 Package
iWork '06

本命はiLifeよりiWork。Numbers不在は愕然としましたが、それでもドキドキしながらインストール。夢の瞬間。

私の愛するKeynote。HDテーマはいつも使うプロジェクタが対応していない予感。

ライトテーブルはどうだろ。私は元々左側でサムネイル表示させてたからなぁ。スライド数が大量だと便利かも。それより「もしや」と思い "プリント..." を見てみたら、できるスライド・レイアウトの種類が増える気がする。この辺ちょっと不満だったのでよしよしこれは良い進歩だ。

追加トランジッションが少ないのにはがっかり。しかもあんまり使えなさそうな……。「反射」くらいかなぁ。でもコテコテだからKeynote知ってる人から見たらベタすぎるし。

3Dグラフはどーなんだろね。使いどころがかなり限られそう。未だにテクスチャの変え方が分からないorz

思ったより進化がない。次回はオブジェクトをアニメーション付きで動かしたい。「右に100px」とか。

Pagesも際立った変化は感じられない。Word文書の読み込みがより正確になったらしいが、私はあんまりWord文書扱わないからなぁ。今後使うかな。

ひそかにパフォーマンスがかなり改善したのではないかと、昔重たかったファイルをPages 2.0で開いて見る。予想通りスムーズなので感動したが、そういえばその時に比べハードも新調したんだったことを思い出す。どっちの効果か? でも実質これでPagesはいっぱい図表貼ってもストレスなく動かせそうなので安心しました。ひとまず年度末までに30ページの作らんといかんし。

ページナビゲーションも地味に良い。章毎(改ページ毎?)に場所を交換できるっていうのがいい。以前のPagesの不満をそのまま取り去ってくれた。

つまり結局前回不満だったもっさり感とページの交換は解消されたわけで、"使える" ワープロになったってことでしょうかね。これであとNumbersが……(未練。うーん、意外と着実に良くなってるなぁ。

とはいえKeynoteもPagesも1年間を思うと地味なバージョンアップ。こんなのでメジャーアップデートにしてしまっていいのかと思ってしまう。0.5分くらいじゃないか? やはりここはリソースを注いだNumbersが出せなかったからぱっとしないものになってしまったのか。

両方(iLife & iWork)ともまだちゃんとは使ってないから、また使ってみてなんか気付いた点が出てきたら書きます。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。