ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

『The Helvetica Book』

→ amazon:BOOK『The Helvetica Book』/大谷 秀映

amazonで注文してた『The Helvetica Book』が届く。

そして買ってから気付く、これ私の嫌いなMdN出版じゃないかorz。んーまぁ、元々内容がなくてもいいようなデザイン本だし、別にアクセシビリティがどうとかTipsがどうとかいう内容じゃないから私の嫌いなMdN臭もあんまりしなそうだしいいとするか。

いやまぁ、フォント1つでよくもこれだけ書くこと探してきたな、というのが印象。案の定紙面の半分以上はHelveticaフォントで埋め尽くされてるけど。まさに "Helvetica Fan Book" といった感じ。

フォントの基本とかHelveticaの基本的な歴史とかは知ってたから(もちろんあんな細かいことまでは知らんが)、逆にFutureとかのことがよく分かった。グロテスク/ネオグロテスク/ジオメトリック/ヒューマニストなどサンセリフ体でもカテゴリー分けがあることや、どれがどれに属しててどれを基に作ってるって辺りはよく知らなかったので読んでて面白かった。

ってことで面白い本でした。MdN出版で初めてかって後悔しなかった本かも。

装丁は日本の本っぽくなくて良い。赤もいいね。オリベッティみたい(?)

なんでこんな本買ったかって言うと、やはり私も例に漏れずHelvetica愛好家の1人だからです。特にHelvetica Neue 75 Bold(この本だと "Neue Helvetica" って紹介されてるけど、Helvetica Neueはまたちょっと版権とかが違うのだろうか??)。HelveticaよりHelvetica Neueの方が好きだなぁ。私が作るもの色々見てれば分かると思いますが、結構多用してます。ヴォルフロは……、そんなには使ってないかな。

Helveticaといえば私の崇拝するgroovisionsですが、私のHelvetica多用がgroovisionsのHelvetica多用からきているというよりも、Helveticaを使いこなすgroovisions(というか伊藤氏?)をHelvetica好きの私が溺愛しているといった赴きの方が強い。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。