ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

ArtRage 2

公式サイト
ArtRage 2

ArtRageというソフトウェアが熱い。いろんなサイトが話題にしているので知っている人もいるかもしれないが、私もその例に漏れずやられたので書いてみる。

Painter系の現実の画材の質感を再現するお絵描きソフト。フリー版と$19版が存在する。こんな値段設定なのにかなりハイクオリティーなソフトウェアに仕上がっている。

[screen shot : ArtRage2]
Free版で油絵の具だけ(久しぶりに絵を描いた) Zoom
[screen shot : ArtRage2]
この絵の具の質感!(原寸)

ひとまずウリとしては気持ちいいまでのリアル画材の再現度(是非ペンタブを使用して欲しい)と、写真等を下に敷いてそれれを元絵にカラーをピックしてトレースができること。

この画材の再現がすごい。Painterとかでは当たり前なのかもしれないが、私は今までこの手のソフトを使ったことがないので、感激してしまった。一度描いた上に筆をのせたときの絵の具の混ざり具合と筆跡。さらに筆にその前の絵の具が残る。絵の具が乾いたときにできる塊がリアル。筆を洗う水まであるというのが感激。

カラーピックや筆の太さも変更がしやすくPhotoshopの時のようなめんどくささが感じられない。すべてがスムーズにいく。

ただ、写真を元絵に描くのは、私はなんかやっぱりズルな気がしてダメ。自分で色ピックして描くとかベジエ曲線たどるとかならいいんだけど、ここまで簡単だとなぁ。

けど、あんまり絵を描かない人が気軽に本格的な絵を描けるという点ではよい機能だと思う。

すべてが、気持ちよく楽しんで絵が描けるように設計してある。

フリー版と$19版の主な違いは以下の通り。

などなど。公式に詳しく書いたページがある。

フリー版でも十分楽しむことができるので、是非ダウンロードしてみることを奨める。ちなみにWindows版も存在。

日本語版もそのうち出そう。正規版も$19だし、レジストしちゃいそうだなぁ。きょうびこの値段でこれだけのクオリティーのソフトウェアがあるとは。こりゃPainterも裸足だな(Painter使ったことないけど)

せっかくなので、時間ができたらこれで一発久しぶりに絵でも描こうかと思います(こんな適当に描いたヤツじゃなくてね)

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。