ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

LATEXiT

公式サイト
LATEXiT

未だにTEXを使い切れていないですが、いいソフトウェアを見つけた。LATEXiTというソフト。TEX形式でソースを書くと、数式の画像に直してくれる。PDFからPNGまで色々な形式に書き出せ、ドラッグ&ドロップにも対応。

KeynoteなんかではこのLATEXiTで作成した数式をダブルクリックすると再びLATEXiTで再編集ができる(別途pluginが必要)

数式ってのは意外と厄介である。そんな複雑な数式じゃなくても式に分数なんかが出てくるとワープロはそれでもうお手上げである。数式ジェネレータみたいなのを内蔵しているソフトウェアもたまにあるが(AppleWorksやWordあたり?)、私が普段良く使うiWork達にはその機能がついていない。それに、そのジェネレータもそのソフトウェア内で完結するならばいいが、なかなかそうはいかず、他のソフトウェアではうまく持っていけなかったり、そもそも数式1つ書くのに頭のおかしいOfficeを立ち上げるのもバカバカしい。

じゃあまるごとTEXで書けばいいじゃないかなんていう話になってくるかもしれないが、これがまためんどくさい。そして数式が欲しいだけなのに、TEXを律儀に書いてコンパイルをかけてたらその度に中間ファイルがいっぱい生成される。

[screen shot : LaTeXiTとPagesの連携]
LATEXiT + Pages screen shot(50%)

そこで、このLATEXiTである。第一にウィンドウが小さいのがいい。気軽に脇に置いておいて式が欲しくなったらソースを入力。画像に直してD&Dで終わり。もしくは、頻繁に式を各必要がないならわざわざソフトウェアを立ち上げなくてもサービスメニューからも数式イメージが生成できる。強力な脇役を得た気分だ。過去に生成した数式の履歴も付いてくるのでその点も安心である。

なんか似たソフトでEquation Editorってのもあるらしい。けど、LATEXiTの方が使いやすそう。

すげー便利だ。自分がTEX使いたかったのはきれいな数式を楽に書きたかったからなんで、これで数式書くのが俄然手軽になりました。「数式はきれいに書きたいんだけどTEXはちょっと……」なんて嫌厭していた人にオススメです。TEXでの数式もHTMLが分かる人ならすぐ理解できます。もちろんTEX本体もインストールしてね。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。