ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

iWork '06 + iLife '06

発表になった。今回は寝ようと思っていたのに、気付いたら1:45とかで結局またリアルタイムで実況を追ってしまった。

MacBook ProもiMacも買う気はないので、私にとって興味があるのは、iWork '06 と iLife '06。

iLife '06

iLife '06 Package
iLife '06

まぁ順調そう。iPhoto 6のパフォーマンス改善に結構期待している。Photocastingも上手く使えば使い手があるかもしれない(なにしろまわりはマカーだらけなので)

GaregeBandとiWebはスルー。GaregeBandは私が(スキル的に)使えないので。iWebは……、話したくない。Appleのソフトウェアは1.0はβ版で2.0から使えるようになる説を信じて、だまって2.0を待ちます。がんばれよ。

あと私にとって大事なのがiMovie。ノイズ低減ツールやグラフィック・イコライザ、テキストやビデオのエフェクトなんかが嬉しい。もう自分ではiMovieつかう機会が減っちゃったけど、iMovieは素晴らしいソフトだし、初めて使う人でも映像制作の喜びを十分に味わえるという点で非常に評価している。これを使った映像作品が早くみたい。

iDVDはそこまで手放しに絶賛してはいなけど、順調そうなのでまぁいいんじゃないでしょうか。

iLifeは毎年順調でよろしい。

iWork '06

iWork '06 Package
iWork '06

Numbersは何処へ行った!?

おかしい、おかしいよママン。なんかの夢だよ。iWork '06にNumbersが入っていないんだよ。このNumbersを楽しみに私はここ数ヶ月を過ごしてきたんだよ。Apple純正の表計算ソフトを手に入れ、M$ OfficeをこのPowerBookG4から削除する日を夢見ていたんだよ。Excelは元々Macの為に作られたソフトだけど、それでもあの気持ち悪い挙動と毒々しい色使いには耐えられないんだ。もうイヤなんだよ。あんなソフト使いたくないんだよ。あのスイートがボクの愛しいPowerBookG4のHDに書き込まれていると思うだけで辛いんだ。でもだからと言ってこのタイミングでAppleWorksを買う勇気も持てないんだ。そんなボクの、希望の星だったのに。Numbers………。

一応 "デバッグが間に合わなかった説" を信じています。PagesとKeynoteにテーブル計算機能が付き、グラフ類が強化されたのが、表計算システムを開発しているなによりの証拠。そしてぶっちゃけPagesとKeynoteに大して進展がないのが、もう1つソフトウェアを付け加える予定だったことを示しているのではないでしょうか? ひとまず、事実、"Numbers" という商標はとられているんだ。でき次第頃合いを見計らって単発で出るか、最悪iWork '07に入るか。iWork '07にも表計算ソフトが入っていなかった場合には、本当に、私は自分の今後の身の振り方を考え直さなければなりません。

あと一応Pages、Keynoteのこと。これらのソフト内のテーブルで計算できるのはぶっちゃけどうでもいい。が、Keynoteのトランジッション追加と、画像の切り抜き、作図機能の追加は大きく評価したい。Keynoteは本当に素晴らしいソフトウェアだ。Pagesは本当になんにも進化してないな。マイナーアップデートかよ。

本当にiWorkが大好きなんです。iWorkは最大限活用しています。期待してるんです。いつまでも感動を与えるソフトウェア・スイートであり続けてほしいです。

ひとまず両方Apple Storeでアカデミック版をポチ(予約購入)しました。iLifeとiWorkの恒例アップグレードは私の毎年の楽しみです。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。