ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

TeX導入

TEXを使えるようになろうと思い立つ。

たぶん、CSSの(CSS3の?)print関係のプロパティが実装され、かつMathMLなんかも完璧なXHTMLビュワーみたいなのができれば、TEXなんかできなくてもHTMLで美しい文書は作れるようになると思うのだが、それができない現状ではやはりTEXしかないのか。本当はそっち(XHTML+CSS)の方が理想。3年後くらいにはできるようになってないかな。がんがれApple。

実際はPagesもあるんだし、今更TEXなんてできるようになる必要は我ながらないとは思うんだけど(MathMLも使おうと思えば使えるんだし)、まぁできて悪いことはない。

閑話休題、TEXである。しかし、思いたったは良いが、術が分からない。知識が全くない。まわりにTEX使ってる人も見当たらない(探せばいるのかもしれないけど)。と、なると、先生はインターネットである。こういうときインターネットというのは恐ろしく便利だ。だが、こういうときのインターネットは広大すぎて、いきなり情報の海に放り出されてしまった感じだ。どっから手を付けていいのか分からない。いきなりHTML勉強しろっ言われておろおろしてる人の気持ちがちょっとだけわかった。

とにかく検索に検索を重ね、常々疑問だったTEXとLATEXとpTEXの違いをおぼろげながら理解し、MacでTEXを使う方法をレクチャーをしているサイトをいくつか見つけ出し、Max OS XでのTEX環境作りにとりかかる。

私の環境、OSはPanther。pTEXの基本パッケージをpTeX package for MacOSXからダウンロード。ビュワーはMacpTEX Home PageのMxdvi。Editorは我らがmiTeX Tools for miをプラス。あとはターミナルさえあればTEXが使えるようになる。

しかし、実際色々インストールしてみると、何故かTeX Tools for miのTeXCompileServerがAppleScriptエラーで動かない。設定を開こうとするとエラーが出るのだ。何がいけないのか全く分からず四苦八苦した結果、~/Library/Preferences/Mxdvi.plist

<key>MxdviEditor</key>
<string>/Users/username/Library/Preferences/mi/mode/TeX/miclient %l %f</string>

を足したら動いた。私が悪かったのか??

ともあれ、ひとまずTEXが使える環境が構築できた、気がする。この手のヤツは環境作るだけで一苦労だ。それでも昔よりかは楽らしいけど。パッケージやらmiのセットやら日本語のマニュアルやらを作ってくれた人に感謝だ。

次は、実際にタグ(タグって呼ばないのかな?)を覚えて書けるようになろう。実は、環境作るのに精一杯で実際TEXで何ができるかとかは良く知らないでいる。何ができるかも知らないのに導入してしまった。dviファイルなんかもやってみて初めて知ったし。なんだよ、dviって。DVI-D 24ピンか? コンパイルとかいるとは思ってもいなかったし。コンパイルかけるとやたらとファイルができるし。以外とめんどくさいなー。

しかし、TEXを実際に書くアプリケーションはなじみのmiを使えばいいだけなのでその辺は楽だ。HTMLもCSSもPHPもJAVAもTEXもmi1本で片付く。これでいてフリーソフト。mi万歳だ。

でもあれですよね。こーゆーのって実際使う機会がないと覚えませんよね。なにか1つTEXで作ってみるとかやらなければ。ノートTEXで取るか?(今はXHTML)。なんか使い方が違う気がするけど。

ちなみに、つい最近まで、TEXは "テックス" と読むものだと疑わなかった。その程度です。

TEX
フリーの組版システム。マークアップ言語で書いてコンパイルをかける。数式とかがキレイ(らしい)
Wikipedia : TEX

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。