ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

iWork '05

→ amazon:iWork '05

iLifeに続いて今日はiWork。これ、iLifeと1日遅れで出荷メールが来たんだけど(案の定到着は1-2営業日)、モノはiLifeと同時に届いた。

iLife以上に楽しみだったiWork。プレゼンテーションソフト "Keynote" の2と新たなワープロソフト "Pages" って、使わないわけがない。使い倒しますよ。

そして、逆にiWorkは実質値下がり。Keynoteだけで13,440円だったのが、iWorkになったらPagesも付いて8,190円。MS Officeの値段を考えるとかなりのお安さだ(もちろんできる内容が違いすぎるが…)。アカデミックパックも5,800円とアカデミックらしい価格。あのKeynoteが5,800円で手に入るなんて。いい時代に生まれました(?

で、1日いじった感想。


Keynote 2

去年のKeynote登場で衝撃を受け、こんなプレゼンテーションソフトが作れるなんてAppleは、jobsは天才だな、と思ったものです。1回Keynote使っちゃうと、一生懸命PowerPoint使ってる人がかわいそうにしか思えない。そんなKeynoteの2。

私はかなり派手な使い方(?)をすることがあるので、トランジションやビルトインエフェクトの追加は嬉しい限り。とくに1文字ずつアニメーションするヤツが良い。小手先っぽい感じもするけど、プレゼンテーションなんてハッタリだからね。テーマもカッコ良くなった。ストーリーボードの画像のワクが好き。ま、テーマは自分で作るけどね。

あとは目玉といえば発表者ディスプレイ。PowerBookのデュアルディスプレイの力の見せ所です。でもこれ、一見いいんだけど、スライドのリストが見られないのが残念。1つ1つのスライドはもっと小さくていいから前後3個は見られるようにして欲しかった。Dockみたいに選択してるのだけデカイとか良いかもね。スライドが変わる時もDockの様なアニメーションで。Keynote 3に期待。でも時計とタイマーは秀逸。今までのヤツとこの新しい発表者ディスプレイ、使うとしたら……、どっちだろ。新しい方使うかなー。時計が便利。ポインタが出るようになったのもいいね(ポインタがカスタマイズできると更に良し)。あとGreffinが出したKeynoteのリモコン欲しい(これ、Bluetoothならいいのに

Keynoteは色んな意味で、私にとって笑いが止まらないアプリケーションです。Macユーザで良かったと思える瞬間。アップデートも順調です。

Pages

私にとってWordを使わなくて済むというだけでかなりの恩恵があるソフト。別に他人と共同でWord文書作るとかもないんでPages使い放題、Word使わない放題。

巷で言われているデメリットであるところの "縦書きができない" と "ルビ機能がない" は私にはわりとどうでもいい機能なのでそこは気にならない。ルビは振れたほうがいいかなとは思うけど。

私にとってマイナスなのは写真などのオブジェクトのマージンを上下左右別々に振れないこと。一括指定しかない。せめて天地と左右は別々に振らして欲しい。メディアブラウザと配置ガイドルーラーと画像マスクとオブジェクトの輪郭に沿ってテキストを流し込めるのは便利この上ない。Appleらしい。オブジェクトの配置の仕方はまだちょっと改善の余地があるかな。マスクも四角以外(角丸とか)ができると最高に良いのだが。

グラフのデフォルトデザインの美しさはMS officeと比べると笑っちゃうね。なんなんだろ、MS。

とくに自作テンプレートが保存できるのは非常にステキ機能で、さっそく一番使う形式のヤツのPagesテンプレートを作って保存しました。もちろんスタイルの統一という思想は素晴らしくまるでCSSのよう。逆に元々入ってるテンプレートは使うとこないよね。どちらかというとあれはテンプレートの見本かな?

細かい所だとインスペクタでいつでも直ぐに総文字数とページ数が分かるのが便利。

決して多機能じゃないけれど、このスタイリッシュさは流石Appleが作ったワープロ。機能のそぎ落とし方も流石。普段使うんならこれで十分なのではないか。少なくともWordよりかこのPagesの方が私にとっては使いやすい。

こっちでも新旧アイコン比較。といっても変わりすぎてて比較どころじゃないけど。そもそも比較できるのKeynoteだけだし。

[キャプチャ : iWork/旧Keynote アイコン]

Keynoteはなんでこんなにアイコンデザイン変えたんでしょう。若干チープになってる感もあるのも気になる。PagesのアイコンはAppleっぽくない。どっかのサイドパーティが出したソフトみたい。欧米系のシェアウェアとか。2, 3と上がってくにつれて改善するでしょうか? それともiWorkは毎回アップデートするたびに大幅にアイコンを変えていく戦略(?)とか?

まだiWork第1弾ということで(特にPagesは)、未熟な面も見られるが、確実に成長が楽しみなスイート。次はiWork '06か。その時はまた新しいアプリケーション増えて3つになるんでしょうか? 次は……、ドローソフトがいいかね。もしくは表計算系? そう思うと私はどちらかと言うと今のKeynoteとPagesの進化に力を入れて欲しいですが。アウトライナーとかは便利かも。その前にマイナーアップデートでいいことあるかもしれないしね。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。