ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

iLife '05

→ amazon:iLife '05

予約していたiLife '05iWork '05がやっと今日届いた。

一度に2つは書けそうも無いので今日はiLife '05のことを。

Apple Storeから「あと1-2営業日で届くよ」みたいなメールが来た時からウキウキしてました。しかし、2営業日過ぎてもiLifeは届かず。発売予定日が2月29日だから、それまではお預けなのだろうかと思案していると、やっぱりそうだったっぽい。25日の出荷を知らせるメールから4日目の本日、やっとiLifeが届く。じゃあ、メールで1-2営業日以内とか期待させることを書かないで欲しい。

まぁ、とにかく届いたので早速インストール。一通りいじってみる。

iPhotoはかなり便利になった印象を受ける。全くもって予想以上だ。リスト表示の写真を捕まえてドラッグ&ドロップで直接DockのPhotoshopだのImageReadyだので開けるのはかなり便利。もちろんデスクトップとかにもファイルとして落とせる。これでピクチャフォルダ内のiPhotoフォルダ地獄からちみちみ欲しい写真探さないで済む。拡大表示してるときに上に他のがリストも表示されるのも便利だし。かなり好印象。写真の読み込みも前のよりスムーズ。インターフェイスも分かりやすい。

アルバムのフォルダが階層化できれるようになったのもとても便利。キーワードでの整理も上手く使えば使いやすいかもしれない。

写真編集ツールもかなり進化している模様。私はPhotoshopあるし使うこと少なそうだけど、ウィンドウとかも黒の半透明でかなりカッコイイ系。iLifeラインとは思えない。

一番進化の恩恵を受けるのはiMovie。今回はどうだろうかというとアップデートの目玉はHD対応なのでこれは別に……。インターフェイスデザインがちらちら変わってるけどグレー部分が多くなっただけでメリハリが無くて逆に見づらい。エフェクトはあんまり使わないから加わっても嬉しくないし。なので私にとってはあんまり変化がない印象。まぁ、HD対応はすごい。

パフォーマンスも向上してるらしいから使えば感激するのかも。あとタイムラインでクリップの順番変えられるのは地味に便利。Illustratorとかで作ったファイルを直接静止画で取り込んで、ちゃんと使える奇麗さなのとかも(今までこれができなくて困ってた

直感的に簡単に映像が編集できるソフトとしてiMovieはすごいと思ってます。

iDVDは今回加わったテーマが結構カッコ良くて使えるモノが多いように感じる(今までのが酷いのもあるけど)。Full FrameとかTechnoとかカッコイイ。でも本気で作るときはそんなもの自作なんで、メニューとかの自作をやりやすいようにして欲しい。まだ実際に5でDVD作ってないからアレだけど結構期待できそうです。iDVDは今までが直感的に使いづらかったので、特にインターフェイスまわりの改善は(今後も)期待してます。でもあんまり毎回コロコロ変わると旧ヴァージョン持ってる人に電話で質問された時とかに説明しづらいんだよけどねー。

iMovie、iDVD共にアプリケーションを立ち上げた時にどのプロジェクトを開くか聞くようになったのは偉い。

GarageBandは結局全く使ってないので何が新しいのか分からず。映像用のループ作るとか使うかと思ったんだけどね。音楽センスゼロ。

iTunesは変化なし。"5" にもなれない。いくら普段ちびちび更新してるしWindows版もあるからiLifeだけのiTunesじゃないとはいえ、少々怠慢じゃないか。iLifeの中ではやはりiTunesが一番使用頻度が高いので、アップデートなしは残念。iLife '04から比べると確かに更新してるけどそう言う問題じゃないし。そういえばiLfe '04のときもiTunesだけマイナーアップデートだった。

そんなところで、iLifeの新旧アイコン比較。ちょっと気になったので改めて比べてみる。

[キャプチャ : iLife '04/iLife '05 アイコン]

すごく変化したアイコンと全く変化してないアイコンが混在してるのが面白い。程度的には、 iDVD > iPhoto > iMovie > GarageBand (論外 : iTunes) といったところか。

iDVDが一番思い切った変化。より直感的に分かりやすくなったと思う。が、iMovieとの連携が強く見えすぎるかも。別にiMovie使わなくてもいきなりDVDも作れるんだからもう少し離してもいいのでは? デザイン的には青っぽくなって私的には好印象。全体としては悪くない。

iPhotoのアイコンのヴァージョンアップの仕方は理解しやすい。こんなもんだろう。写真のフチの白が細くなってるのとかは細かいなと思うけど、

一番微妙な変化がiMovie。アプリケーション的には数字上がるんじゃなくてHDになって一番変化があったようにも見えるけどアイコンの変化は微妙。でもちょっとだけ変化はしてる。比べると黒が多くなって、より締まった、力強いイメージになったか。HDのなんか頼もしい感じは出てると思う。

で、なんでGarageBandだけ全く変えなかったんだろう。アイコン変化させるよりGarageBandを定着させる方が先だから。もしくは完璧すぎて変える箇所が見当たらなかったとか。

アプリケーションのアイコン好きなんでこう比べたりするのは楽しい。本でいう所のある意味表紙だからね。重要ですよ。MacがOS Xになってアイコンの解像度が格段に上がった時、どっかのディベロッパの人が「これからはアイコン専用のデザイナをやとわなきゃ」みたいなことを言ってたって記事を思い出した。

そして、前にも書いたけど、iLife 05'の(iWork '05も)パッケージデザイン好きじゃないです。子供っぽい。今までのApple路線で行ってほしかった……。

まーでも着実に良くなってますよ。堅実。良いね。iLife '06も楽しみです。

ただ、去年に比べると値上がりしてるのが気になる。iLife '04は5,800円、iLife '05は8,190円。特にアカデミックパックだとその差は顕著で、iLife '04だと3,400円で手に入れられたのに対して、iLife '05はアカデミックパックでも7,400円する。つか殆ど値下がりしてないじゃん。去年と比べると値段差は倍以上。まぁもともとそんな高いソフトじゃないとはいえ、こんな基本ソフトを大幅値上げしてくるのは頂けない。もう少しなんとかならないのか、Apple。

# Apple Storeアフェリエイト、早速使いませんでした.....orz(写真ちっちゃいんだもん

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。