ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

Apple Store アフェリエイトプログラム

amazonでもAppleの製品は扱っているので十分かな、と思っていたんだけど、やっぱりLinkShareApple Store アフェリエイトプログラムに参加してみた。

amazonはたまに写真とかが無くて不便だ。製品写真が欲しいからアフェリエイトに参加している身としてはコレは致命傷。Appleの話題は確実に良く出すし、入って不便は無いかな、と。あとリンク先がApple Storeなんで、特に新製品とかだとamazonより説明が丁寧(最近amazonも製品解説丁寧だけどね)。カスタマーレビューが無いのはデメリットだけど。写真のバリエーションも多そう。

まぁ、別に加入する必要全然ない気もするけど、モノは試しだ。

それにしてもソースが汚い。HTMLなのをXHTMLに直して(小文字に直すのと空要素を閉じる)、URI中のただの "&" を全部 "&" に直して、画像にalt属性付けてあげて、a要素にtitle属性付けて、imgタグ中のborder="0"を消してヴォルフロ用のclassを与えて……。手間だなぁ。amazonみたいに前のヤツのASIN(製品コードみたいなもん)変えるだけってわけにいかないっぽいし。そしてスペーサーチックな1x1の透明gifが本当にイヤだ。これ、置かないとダメなのかなぁ? リンク作成の時のログインもめんどくさいし、この辺はamazonの方が断然楽でいい。

メインはamazonで、amazonでカバーしきれなかったらLinkShareを使おうか。まぁ、どっちにしろひとまずApple製品(+α)だけだしね。

amazonのときにも書いたけど、ヴォルフロがアフェリエイトに加入するのは、マージンが欲しいからじゃなくて商品写真を使いたいからだ。現に、マージンで儲けたことは無い。いや、実際少し入ったら面白いかな、とは思うけどさ。実際アフェリエイトって1回誰かがちょっと買ってくれただけじゃお金が入らないようになってる。良くできたシステムだ。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。