ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

Helvetica Neue

Wolfrosch(Helvetica Neue)
Helvetica Neue

最近の一番お気に入りフォント。字間をかなり取るのがブームです。500とか1000とか。CSSで言うと { letter-spacing : 0.5em } とか。

超有名なフォントだけどやはりかなわない。何もかもが完璧。そもそも "Helvetica" って名前の字面がキレイだもん。ズルい。"Neue" の音もカッコいいし。カタカナで書くと間抜けだけどね。ヘルベチカ ノイエ。

ウエイトの軽いファミリーがあるのも便利。UltraLightはかなり細い。デカく使うと美しい。

ちょっとヒラギノ角ゴに似てるかな?っていう気もする。本当は逆でヒラギノ角ゴが似てるんだろうけど。ヒラギノの方が癖があるね。Helveticaは限りなくニュートラル。

老舗から離れられないのは性格が保守的だからか。

Wolfrosch(ヒラギノ 角ゴ Pro W3)
ヒラギノ 角ゴ Pro W3
Wolfrosch(FARCLE)
FARCLE(大文字)
Wolfrosch(Arial)
Arial

あと、意外に良いなと思ったのはFARCLEの大文字。ちょっとクドいなと思って好きじゃなかったのだが、最近ちょっと良いなと思う。使い方によってはカッコ良くなると思う。小文字はダメ。

逆に敵のように使ってたArialは飽きてきました。どんなに良いと思っていたものでも人間飽きるから不思議だ。正に、"信じていたものがある日突然何も感じなくなる" (「DNA Odyssey」/THE ALFEE)です。

あとはヒラギノ明朝W6とか。明朝を気に入るのは久しぶり。この世代の人間としては明朝を使うとどうしてもエヴァが出てきてしまう。

日本語フォントは現在ヒラギノ角ゴを超えるものが無い。崇拝だ。単純に2バイト文字のまともなのは高くて買えたもんじゃないから持ってないってだけもあるけど。フォント1つに数万も出せない。でも、ヒラギノは良いと思う。ヒラギノ角ゴProのW1とかかなり欲しい。

OS9の時はOsakaが一番だと思っていたが、今Osakaを見ると、少々野暮ったい。使い方によっては今でも全然活きるけど。

あと最近のブームはねー、小文字の略称かな? fspとかafrとかsfaとか。ピリオドなしが好ましい。はてさてそれぞれ何の略でしょうね(たまたまだがそういえば全部 "f" が入ってるな

大文字ブームと小文字ブームって交互に来ますよね。まぁ、どっちにしろ2択なんで交互もなにも交互しかありえないんだけど。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。