ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

『HTML&CSS ビジュアル・リファレンス』

→ amazon:Book『HTML&CSSビジュアル・リファレンス』

時間があったので本屋のパソコンコーナーをうろうろしてたら、こんな本を見かける。いわゆるHTML(&CSS)辞典だ。

岡蔵 龍一(=大藤 幹)氏の『詳解 HTML&スタイルシート辞典』と神崎氏の『ユニバーサルHTML/XHTML』で間に合ってるし、基本的にあんまりHTMLモノの本は期待してないんだけど、パラパラっと見たら、これがなかなか良書かもしれない。細部まで読んでないので断言はできないのだが、W3Cの非推奨要素や属性はちゃんとアラートが付いてたり、それぞれの要素の属性になりうるモノのリストと説明がしてあったりと使い勝手は良さそう。DTDで内包可能な要素のリストは……あったかな?

出版元がMdNだといういのが気に入らないが(MdNって下らないTip集ばっかり出してません?)、MdNにしては書いてあることはマトモそうだ。デザインも奇麗だし(ページレイアウトはいささか癖があるが)扱いやすいと思う。

ちょっと欲しいが良かったとしても内容の質としては岡蔵 龍一氏の『詳解 HTML&スタイルシート辞典』と同程度だと思うので、わざわざ新しいページレイアウトを覚えるだけ無駄な気がする。プラス・アルファが欲しい。『詳解〜』より少々薄いのとあのデザインは確かに魅力的ではあるが……。

そろそろ、さらにもう1歩先を行って、W3C非推奨要素は載ってないHTML辞典が欲しい。だって自分使う限りfontだのbigだのの説明は必要ない。ちゃんとした本でもけっこうそういうのの解説が場所とってるし。XHTML 40.1 Strict 〜 XHTML 1.1までが理想。もちろんCSSもブラウザ独自拡張は載せない(いや、CSSのブラウザ独自拡張は載ってたら載ってたで便利なんだけど)

あれかねぇ、XHTMLが2.0になってCSSが3になる頃じゃなとそういうのは望めないのかなぁ。実際現時点でこんな辞典需要少なそうだもんな。

いらないけどお金ある時に目についたら買っちゃいそうだなー。単純に本当に良書か調べてみたいってのもある。新しくHTML辞典買う人にはいいのかも……しれない。わかんないけど。

それ以上に『XHTML+CSSで書くホームページ構造デザインガイド』が気になる。大藤 幹著となるとね、気になっちゃうよね。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。