ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

明和電機 ナンセンス=マシーンズ展

→ amazon:BOOK『明和電機 ナンセンス=マシーンズ』

行ってきました明和電機のナンセンス=マシーンズ展。初台のオペラシティー ICC。前回行ったのが2002年のロマンス=エンジニアリング展だったので2年ぶりか。でもそう考えるとそう間空いてないな。

まず、会場が広い。これでも広島市美術館に比べると狭いのだろうが、それにしても広い。渋谷パルコのロマンス=エンジニアリングとは比べ物にならない。展示にも余裕があって良いですね。

魚器、ツクバシリーズは知ってるものばかりでしたが、EDELWEISSシリーズは初めて見るものがいくつか。まぁようは新作ですね。現在進行中のシリーズですから。特に "ディンゴ" は存在自体はじめて知りました。2004年、つまり今年製作したらしい。犬の格好しててボタンを押すと鳴く。この声がけっこう本物の犬っぽくてかわいいなと思った。そしてEDELWEISSルーム入口に置いてあったジオラマがカワイイ。社長(正式には"僕"?)がやたらカワイイ。

EDELWEISSコーナーにはその他にも社長のイメージスケッチが沢山展示してあって、社長絵上手いなと改めて思ってしまった。犬サバオとかかわいいから作ればいいのに。

あとノックマンクッションがかわいかった。これも製品化すればいいのに。私が買うかは別だけど。

会場前に "カフェ100V" という明和コンセプトのカフェが設置されていたのですが、そこの "サバロア" ってデザートが面白かった。つまりは、サバオのカッコしたババロアなのですが、凝ってるなーと。サバオの周りには削ったピンクのチョコレートが敷き詰めてあり、サバオにスプーンを入れると中から赤いソースが……。グロイな。

それにしても、初めてオペラシティー行ったんですが、すごいですね。新宿にこんな建物があったとは。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。