ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

ヲノサトル

近頃ヲノサトルにメロメロです。明和電機で音楽プロデュース+足踏みオルガンをやってる "経理のヲノさん" の人なんですが、経理のヲノさんとしてよりソロのヲノサトルとして最近メロメロです。今猛烈な勢いで全CDを集めております。

もともと音楽に限らず電子的なモノとか、実験的なモノとか、素材とか限定ルールを付けた作品群とかが好きだったので、「サイン波とホワイトノイズのためのソナタ」(サイン波とホワイトノイズだけで音楽を作る)や「ORGELPUNKT」(足踏みオルガンだけ)、「SAUVAGE」(レコードのスクラッチ音だけ)のコンセプトは結構ツボですよね。

ボサノバやムード音楽も嫌いじゃないし。無駄に理論から行く系にも弱い。色々なところがツボです。こうなってくると見た目も嫌いじゃないと思えてくるから面白い。

そもそも明和の音楽が気に入ってた時点で、ヲノサトル音楽を気に入る可能性は高いですよね。

まだしばらくヲノサトル熱は続きそうです。

ヲノサトル
現代音楽家としてスタートし、電子音響とラテン音楽を融合した "ムードコア" や、実験音楽、DJ、他アーティストのプロデュースやサポート、CM/映画/ゲーム音楽、サウンド・インスタレーション作品、音楽評論やエッセイなど幅広く活躍。多摩美の講師なんかもやってます。もちろん "経理のヲノさん" も。
公式サイト : Audio Fiction Research

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。