ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

明和電機LIVE "メカトロニカ" 初日

やべー、みじけー。6時始まりなのが多分押しで始まったと思うんだけど(ちゃんと時計見てなかった)8時前に終わった。短い。

行ってきました。明和電機ライヴメカトロニカ。初明和。チケット取り失敗して(寝過ごした)席はあんまし良くなかったのですが、と言っても全然悪くない席で満足でした。そもそもハコが小さい(500人くらい)から真ん中ら辺でもよく見える。何人入ってたんだろう? 2階席とか開けてなかったよなぁ。そういえば客席の後ろ側とか全く見てなかった。スタート時間もチェックしてないし、全く周りが見えてなかった様、自分。

驚いた、且つすごいステキだと思ったのは、本編は着席が基本だったこと。ずっと座りっぱ。ものごっつぅ楽。座席のあるホールでやるのは5年ぶりらしいから座席をフル活用しようと思ったのかもしれないけど、すごく楽で良かった。でも本編の最後とアンコールはずっとスタンディングだったんで、テンションも上げられる。振りとか踊っちゃったよ。ここ数年ALFEEもミッチーも振り系は無視してたのに。いいシステムだなぁ、これ。

やった明和の曲は1曲除いて全部分かった。結構制覇してるな。知らなかったヤツはCD化されてないのかなぁ? 曲からしてカバーじゃなくてオリジナルだと思うんだけど。たしか僕は音楽家、電卓片手にって歌詞。すごいカッコ良かった。パリ公演のDVDに入ってるといいなぁ。でも他人の曲が途中に入ってるからむずかしいのかねぇ。CDに入ってくれるともっとうれしい。

サバオ声を生で聞けて満足。本当にサバオの声なので笑えた。なかなかこんなに裏声は使いこなせない気がする。すごい。幸ちゃんよりすごい。あとそもそも裏声がカワイイよね。カワイイ裏声。サバオと社長のやり取りで社長が「できないよー」って言うのがマヂ萌え。芝居がかった仕草に弱い気がする。小林賢太郎とか。ミッチーもか。

逆に普通の歌の高い声は全然出てなくってハラハラ。「イカリをあげよう」とか本当は女の人が歌ってるからしょうがないのかもしれないけど、これがちゃんと出てたら気持ちいいだろうな。社長は歌が上手いのか下手なのかよく分からん。基本は上手い気がする。私は好きだけど。別にミュージシャンじゃないから良いのかなぁ。

あとは「ツクババリバリ伝説」がカッコ良かった。やけに早いな、流石LIVE、と思ってたら機械のミスだったらしいw。サングラスかけたヤンキー仕様の社長は普通にカッコ良くて目がハートになりそう。

さて、普通に音楽LIVEっぽく書いて来たけど、やはり基本は製品発表会。音楽そのモノを聞くってのは半分であと半分は製品とパフォーマンス。1つずつ製品説明をする姿は只の理系のオタクでものすごくよい。やっぱ理系だな、と思った。ミスや故障の多さも良さに思えてしまう。よくよく考えるとプロとしてどうなんだろう?とは思うけど。

パチモクとタラッターが予想以上に楽器として活躍しててすごかった。演奏する社長がカッコ良く見えてしかたがない。特にパチモクがいい。使いこなしてる。古い楽器だしね。

あとは、新製品らしい人口声帯がすごかった。声だー。歌ってるよ。今後もっと改良してもっとステキにしてほしい。

魚立琴がステージに置いてあったのに使ってなかった気がする。ただのオブジェ?

驚き事。客席に兄ちゃん(元社長)がいた。いたっていうか、最後ステージに上がってた。超ビックリ。社歌歌ってるし。いいのか? 私は彼が何で実際明和を辞めたかを知らないので、辞めた今、作業服じゃなくて私服でステージに上がっている兄ちゃんを見るのはちょっと微妙だ。ものすごくラフな格好(T-シャツ+短パン+サンダル+長髪)だったし。ただ、あのステージ上でのテンションの高さを見て、2人でやってた頃の明和ライヴもさぞかし面白かったんだろうなぁ、とは思った。ちなみに昔から断然弟派。だからと言って兄ちゃんが別に嫌いってわけではない。しかし、今ステージに上がるのはどうなんだろう。

でも帰り際兄ちゃんに握手してもらってしまった。ミーハーだ。考えてみると、前に現社長と握手したこともある。兄弟制覇(?。

結局ね、その短さでも6,500円を満足できてしまう内容だったわけですよ。本当は明日も行きたい(用があって行けない)。明日は兄ちゃんもステージ上がるらしい。ホントか知らんが。次回ライヴやったら確実に2日取ってしまうな。

ひとまずは28日発売のパリ公演DVDを買おう。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。