ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

京本 政樹

ずっと隠していたのだが、京本政樹がちょっと好きだ。隠すようなことでもない様な気もするけど、よく考えると、隠すべきことだ。物事は慎重に考えなければいけない。

正確に言うと好きというよりは気になる存在という感じで、好んで探しにはいかないけれど、TVをザッピングしていたりして、京本が出てるのを見つけるとチャンネルを回す手を止めてしまう。かつ、かなりの確率で、手を止めたまま番組が終わるまで全部見てしまう。知らない連続ドラマの途中の回とかでも。"気づいたら彼のこと目で追っているの" 状態だ。ここまで来ると「もしかしたら、私、政樹君のこと好きなのかもしれない……」とか考えてしまう。

意味の分からない髪型が好きだ。そして、彼の意味の分からない存在感が好きだ。京本政樹がドラマに出るだけで、そのドラマの時代設定が分からなくなる。シュールですらある。すごい存在感だ。あと、オタクっぽい性格も嫌いじゃない。

さらに暴露すると、見た目もちょっと好きだ。なんだかんだ言って美人……、だと、思う。まるで丸尾(末広)のマンガから抜け出てきたみたいな顔だともたまに感じる。目とか。(注:誉めてます)

星ディスとかの頃の高見沢が京本と似ているのは有名(?)な話で、それを考えればそもそも私はああいう顔立ちが好きなのかもしれないが、さすがにそれは認めたくない。それに高見沢と京本は違うと思う。

「ガラスの仮面」の聖さん(紫のバラの人とマヤの橋渡し役)役は京本政樹しかいないと信じていた。今でもちょっと信じてる。聖さん見るたびに京本を思い出す。(野際陽子は月影先生そのものだったね

ちなみに、田村正和は好きじゃないよ。念のため。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。