ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

映画『FINAL FANTASY』

→ amazon:DVD「FINAL FANTASY」

Re: ふと思い立ってTSUTAYAで借りる。

酷評で名高いフル3DCG映画。

いやでも、別に面白いと思うんだけどねぇ。私が元々こういうSFアクションな映画が好きじゃないからなんとも言い難い部分はあるけど。ひとまず、そんな私には何でマトリックスが良くてこのFFがダメなのかは分からない。

ストーリーが全くゲームのFFと関係ない、とのことだったが、いやでもやっぱり雰囲気というかコンセプトは同じだよ。特にプレステ以降のFFとは。どうしても、召還獣かクリスタルか魔法かチョコボは絡めてほしかったかな、という気もするけど、まぁ、いいんじゃない? 無理に出すこともないと思うし。映画とゲームじゃアプローチが違って当たり前だし。

CGはやっぱりすごい。どうしてもたまにCGっぽい人形っぽい動きだったり表情だったりすることもあるけど、逆に本物の人間に見えることもある。主人公のアキはヒロインだし美人なせいか(バランスが整ってるから?)CGっぽいことも多いんだけど、一番すごいのはシド。彼は人間だ。本物だ。顔はもちろん手とかまですごい。

元々、FF IVの頃からFFの映画的アプローチが好きだったんで、別にプレステになって以来のムービーてんこ盛りも映画化も結構歓迎です。今までのそういう技術が映画に反映されてるんだろうし、この映画を作ることで得た技術がまたゲームに還元されるのだろうし。考えてみるとSFCの2Dの頃から、FFはカメラワークに凝っていた。ファミコンの頃からそうだったのかもしれない。逆に最近の行動やキャラクタライズの自由度の高さの方がイヤ。

あとコレは作品の問題じゃないけど、もったいないなと思ったのは、出た当時に見なかったこと。CGムービーの技術が進むスピードは凄まじいですから、今見てもすごいとは思うけど、当時だったらもっとそう思ったんだろうな。惜しいことをした。

スクウェアのCG技術ってすごいと思うんだけど、なんでもてはやされないんだろう(もしくは私が知らないだけか)。Pixarなんかよりは断然スクウェアだろ。ジョブズもPixarじゃなくてスクウェアに投資すれば良かったのに(ぉ。映画一回こけたからといって諦めず、またいつかチャレンジして欲しい。

そういう意味でも、FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDRENは楽しみにしています。アレは実写的リアルというよりもアニメーション的リアルさを追求したモノでしょうが、そっちのアプローチでもスクウェアの技術は思う存分活かされてるのだろう。もしかしたら、純粋に映画作るとリスクが大きいから、過去のFF VIIと絡めることである程度需要を確保してムービー作品を作ろうと思ったのかもね。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。