ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

Synergy

[メニューバーキャプチャ]
Synergyアイコン(左)

先月の終わりくらいからSynergyというソフトを使っている。iTunesをサポートするCocoaなシェアウェアだ。これがすごい便利なのである。Mac使うとき殆どiTunesでなんかしら聞いてる身としてはとっても便利で楽しいステキシェアウェア。

機能としてはメニューバーからiTunesが操作できるのと、曲が変わるごとに再生曲のデータをフローティングウィンドウで教えてくれる。これ単体が独立したソフトというよりはiTunesに機能を付け足す感じ。環境設定なんかも、OSの "システム環境設定" にSynergyって項目が加わってそこからやる。

Synergyのいいところは、まず、メニューバーに常駐するところ。Dockに常駐されると結構ウザイし邪魔だったりする。メニューバーならいつでも状態が確認できてかつ邪魔にはならない。

そして曲が始まるごとに曲データがフローティング(設定次第では常時フローティングも可能)。イントロが始まると現れ、数秒経つと消えて行く。まるでラジヲを聞いてる気分だ。一連のアニメーションもカッコイイ。次になんの曲が始まるのかが分かるとなんかちょっとワクワクする。かと言って、無視しようと思えば無視できる、目障りにならないウィンドウのデザインも良い。ジャケ写が出てくるのも私にとってはすごく魅力的。一発で検討が付く。やはり画像の情報量はバカにならない。

全体的に非常に控えめで、あくまで "iTunesをサポートする" って感じが良い。フローティングウィンドウも主張の少ないデザインでスッと出てスッと消えるし、メニューバーのアイコンも他の元々いたアイコン達ともなじむ(これはどのアイコン使うかによるけど

[フローティングウィンドウキャプチャ]
フローティングウィンドウ(75%)

見た目がイイのもSynergyの魅力。メニューバーのアイコンもいろんな種類から選べるしフローティングウィンドウもカッコイイ。せっかくオシャレGUIなMac OS Xを使ってるんだから、周りのソフトもステキにしたい。しかもカスタマイズが細かくできる。メニューバーアイコンの間隔とか、フローティングウィンドウの位置だのだのサイズだの、ここまでいたれにつくせりなソフトはそうない。常に目に入るソフトだから見た目が気に入らないのはダメでしょう。Synergy自体のアイコンはちょっとどうかと思うけど。

公式サイトもしっかりしてて良いね。日本語にはTOPページしか訳されてないけど。しっかりしたオンラインマニュアルとかサポートサイトのあるソフトは大体良いソフトな気がする。CocoMonerとかも。

設定もすごい細かくできるのに分かりやすい。欲を言うと、Synergyの環境設定は、システム環境設定じゃなくてiTunesからできると更にいいかも。

Amazonからジャケット引っ張ってくる機能も目玉みたいだけど、私はだいたいiTunesに曲入れたときすぐにジャケ写も登録しちゃうんで、これはあんまし関係なかった。フローティングウィンドウにジャケ写が表示されるのはもちろん高ポイントだけど。

お試し期間が1週間あって、便利だったから料金払って買いました。便利便利。値段も高くないし(たった5ドル!!)、更新(改良)頻度も高いみたいだし、日本語で使えるし、良い買い物です。オススメかも。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。