ヴォルフロッシュ

Blog

Published on

RSS

PowerBookをBOSEに繋ぐ

タイトルのまんまです。繋ぎました。ついに。構想は前からあったんだけど、実際にケーブル買ってきたりするのが面倒だった(ぉ。

部屋につけてある疑似5.1サラウンド(2チャンネルを擬似的に5.1に分ける)BOSEスピーカのアンプに、PowerBookのイヤホンジャックからRCAの2ピンジャックに変換して繋ぐ。ケーブルはその辺のビックカメラで買った安いヤツにしてしまった。本当はApple Storeに売ってたMonster iCable for iPodが欲しかったんだけど、PowerBookの置いてあるところからBOSEのアンプまで5m以上必要だったから(Monsterのは2.1mらしい)。Apple Sotreに注文すんのも手間だったし。

つまりは、iTunesをBOSEで鳴らしたかったと。せっかくのBOSE 5.1chなのに、実際はCD入れたりするのが手間で、音楽はあんまし聞いてなかったのです。TV見るのばっか。これをiTunesに繋げば、部屋にいるときは殆どMacの前にいる私にとって、楽にその時聞きたい好きな音楽が再生できる。CD入れ替える手間もないし、曲検索するのも簡単だし、適当にプレイリストも作れる。

ひとまず今は30曲くらい気に入ってる曲がちゃんぽんに入ってるプレイリストをランダムで再生するのが好きです。このくらいの数でランダムだと「次これかぁ」感が良い。ALFEE → 明和電機 → Björk → 中川 五郎、みたな流れが笑える。

んー、良い音。そう、これがしたかったんだよ。PowerBookの申し訳程度のスピーカとは比べ物にならないな。ボリュームも出せるし。

しかし、やっぱりちゃんとしたスピーカで聞くとMP3だと心もたないところがある。AACでエンコードした方はけっこう聞けるんだけど。気分の問題かなぁ? イコライザとか設定しまくったら少し聞ける様になった。これに関しては気分の問題かもしれないね。あ、あとは、まさかケーブルが安いヤツだからとかか!?

エンコードのレートとか上げようかなぁ。一応今も "高品質"(128 kbps)ってヤツなんだけど。しかし私の5GB iPodでは、今でさえもういっぱいで入れる曲選んでいれてるのに、これ以上無理はさせられない。iTunesは単に音楽再生ソフトとしてだけでなく、iPodとも密着に関わっているのだ。これが40GBとかだったら心置きなくできるのかなぁ? まぁMac本体の方の容量もあるけど。

ともかくこれでCDいらず。CDラックはそのうちしまおう。やはり人生音楽の溢れる生活でないと☆

どーせならスピーカだけと言わずTVとかにもMac繋げたくなってきた。欲が頭をもたげてきました。こーなってくると、PowerBookとかじゃなくて据え置き型のPowerMacが良いんだろうなぁ。G5欲しー。買えないし買わないけど。欲しがるのは只。

でも、不意にスピーカからMacのビープ音が鳴るのはビビります。あと、BOSEに繋いだら立ち上げの時の "ぼわ〜ん" って音が低音の効いたとても良い音で、これもまた驚きでした。立ち上げ音にAppleのこだわりを感じる。

Comment

この記事へのコメント受付は終了しました。